忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2018.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

《星の杜外伝》目次

漫画『星の杜観察日記』の小説版、目次です。

現代の日本が舞台。スマホもLINEも出て来る世界でサクヤやキジローや日本版エクルーが妖魔と一緒に右往左往するお話です。
漫画にはまだ未登場の都ちゃんがメインヒロイン。


    あらすじと人物関係図

語り手:都)  東の魔女見習い
   (その1) (その2)
 (その3) (その4)      
      (その5)
 (その6) (その7)
                 
        南のほの暗い森で       
    
   (その1) (その2) (その3)
           (その4)
 (その5) (その6) 


(語り手:銀ちゃん)  お化けの店のユタカくん    
    (その1) (その2) (その3) (その4)


(語り手:望)     青い昼寝 緑の散歩


(語り手:麒治郎)   ピエタ 
        
       (その1) (その2) (その3)


(語り手:克昭くん)  カエルの姫君      
    (その1) (その2) (その3) 
              (その4) 
(その5) (その6)    


(語り手: 瑠那)    月夜のピアノ・マン     
     (その1) (その2) (その3) 
              (その4) (その5) (その6)
  
                 (その7) (その8) (その9)
     (その10) (その11) (その12)
     (その13) (その14) (その15)

(語り手: 瑠那)  名残の花の

(語り手: 望)     ピアノ図書館
      (その1) (その2) (その3)
      (その4) (その5) (その6) 





PR

《賢者の石》公式ガイドブック

水神や竜やサンショウウオが飛び交う、魔道や陰陽道が
  科学と共存している世界。

  戦争や災害を防ぐために、国際交渉だけじゃなく、
  符術や魔方陣や道祖神も活躍してしまう世界。

  あなたも、そんな世界を冒険してみませんか?

ごあいさつ


 ♪獣人、月人、植物人…。
  だって
    魔女に悪魔に巫女…。
  だって



 ♪みんな みんな
  生きているんだ 
  ともだちなーんーだー


  まだまだ、発展途上の世界ですが、日々更新中
  ぴちぴち新鮮です。
  どうぞ、よろしくお願いします。


公式キャラクター設定

更新がしやすいように、新しいページを作りました。
設定、イラストなど充実させていきまっしょい♪


谷地田ヴァル キャラクター紹介
梧香月 キャラクター紹介
日和小春 キャラクター紹介

白い花の歌(その4)

夜の底の青い荒野の真ん中の、人気のない打ち捨てられた石の塔。その一番底の底。チリンチリンと涼しい音を立てながら姿を変える無数の光の窓に囲まれた夜の地下室。私はこの部屋に来てずっと、窓をのぞき続けてまるで独り言のように上の空で星の歴史を呟いていたサクヤさんが、今初めてまっすぐに私の目を見つめ返している。

「都さん。あなたが来てくれて今やっとわかった。あの子が私の前から消えて、どこに行ったのだろうと考えずにいられなかった。考えても仕方ないのに、ずっとあきらめきれなかった。でもあなたのおかげでわかったの。ありがとう」

白い花の歌(その3)

その人はテーブルから目を上げて私の方を振り返ると、ゆっくり立ち上がった。長身の周りをチリチリと光の図形が踊る。どこか眠りから覚めたように、あるいは久しぶりに人と話したという風にあやふやでぼんやりした表情をしていた。

「あなた、私を知っているの?」
「いえ、でも」

白い花の歌(その2)


 涙で前が見えない。息が苦しい。青い夜の底で白い花を踏みながら、私は鷹ちゃんを探して走り続けた。見渡す限り山らしい稜線はなく森もない。なだらかな丘を走りながら少しずつ斜面を下りていたらしい。ふいに視界が展けた。

 白い花畑は台地だったらしい。ところどころに白い岩が突き出ていたのが、だんだん岩がちになり、いきなり切り立った崖に出た。崖の下は青い荒野。暑くもなく寒くもない青い夜の底に、風も吹かず鳥も鳴かない、草一本生えていないむき出しの土地が広がっていた。私が立っている台地とそっくりな、花畑を頂いた岩山に囲まれている。荒野の真ん中に石の塔があった。どう見ても人為的な構築物だ。外壁に階段や見張り台らしい小塔、それに無数の窓。そして入口を思われる穴から灯りが洩れている。


白い花の歌(その1)

古びたお堂の古びた木の床に水面が見えた。水底に女の人が眠っている。南国の太陽が射し込むサンゴ礁の海のように、明るく透明な水中にあって、手が届きそうに浅く近く見える。ところが水に入ってみると、空間が揺れて歪んでいる。目眩のような感覚に惑わされないように、一歩ずつ下りていく。距離感が掴めない。足元に集中してゆっくり確実に。踏み外したら、どこまで落ちるかわからない。踏み外さなくても、自分はどこまで下りてゆかなくてはならないのか。戻って来れるのか。だめだ。気持ちを揺らすな。一歩一歩でいい。
 体感ではもう1時間以上下りて来たはずなのに、水底に眠る澪さんに少しも近づいて見えない。澪さんは病室に押しかけた怪しい集団に着せられたという、まるで経帷子のような白い着物を着ている。両手を胸の前に合わせて、立てばきっと床に届くような長い銀色の髪をゆらゆらと水に漂わせて。その姿はまるで人魚姫のようだ。あるいは鬼女。いずれにしろ普通の人間には見えない。幼馴染の女の子がいきなりこんな姿に変化して怪しい連中が押しかけて来たら、あのひょろひょろした気弱そうなダンナ様じゃなくてもパニックになるのは無理もない。こういうことに生まれた時から慣れっこのはずの私だって怖い。澪さんのところまで下りて無事に帰って来れるのか自信がない。
 水面はすでに遠い。もしこれが本当の水中で息を止めて浮上するとしたら、私の下手な泳ぎでは水面に出る前に息が切れることだろう。そう考えてぞっとした。我慢できずについ頭上を見上げてしまった。見上げたすぐ、しまったと思った。慌てて明るい水面から女の人の眠る深みに目を戻そうとすると、そこはすでに暗闇だった。
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター