忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

《星の杜外伝》目次

漫画『星の杜観察日記』の小説版、目次です。

現代の日本が舞台。スマホもLINEも出て来る世界でサクヤやキジローや日本版エクルーが妖魔と一緒に右往左往するお話です。
漫画にはまだ未登場の都ちゃんがメインヒロイン。


    あらすじと人物関係図

語り手:都)  東の魔女見習い
   (その1) (その2)
 (その3) (その4)      
      (その5)
 (その6) (その7)
                 
        南のほの暗い森で       
    
   (その1) (その2) (その3)
           (その4)
 (その5) (その6) 


(語り手:銀ちゃん)  お化けの店のユタカくん    
    (その1) (その2) (その3) (その4)


(語り手:望)     青い昼寝 緑の散歩


(語り手:麒治郎)   ピエタ 
        
       (その1) (その2) (その3)


(語り手:克昭くん)  カエルの姫君      
    (その1) (その2) (その3) 
              (その4) 
(その5) (その6)    


(語り手: 瑠那)    月夜のピアノ・マン     
     (その1) (その2) (その3) 
              (その4) (その5) (その6)
  
                 (その7) (その8) (その9)
     (その10) (その11) (その12)
     (その13) (その14) (その15)

(語り手: 瑠那)  名残の花の

(語り手: 望)     ピアノ図書館
      (その1) (その2) (その3)
      (その4) (その5) (その6) 





PR

《賢者の石》公式ガイドブック

水神や竜やサンショウウオが飛び交う、魔道や陰陽道が
  科学と共存している世界。

  戦争や災害を防ぐために、国際交渉だけじゃなく、
  符術や魔方陣や道祖神も活躍してしまう世界。

  あなたも、そんな世界を冒険してみませんか?

ごあいさつ


 ♪獣人、月人、植物人…。
  だって
    魔女に悪魔に巫女…。
  だって



 ♪みんな みんな
  生きているんだ 
  ともだちなーんーだー


  まだまだ、発展途上の世界ですが、日々更新中
  ぴちぴち新鮮です。
  どうぞ、よろしくお願いします。


公式キャラクター設定

更新がしやすいように、新しいページを作りました。
設定、イラストなど充実させていきまっしょい♪


谷地田ヴァル キャラクター紹介
梧香月 キャラクター紹介
日和小春 キャラクター紹介

白い花の歌(その1)


 古びたお堂の古びた木の床に水面が見えた。水底に女の人が眠っている。南国の太陽が射し込むサンゴ礁の海のように、明るく透明な水中にあって、手が届きそうに浅く近く見える。ところが水に入ってみると、空間が揺れて歪んでいる。目眩のような感覚に惑わされないように、一歩ずつ下りていく。距離感が掴めない。足元に集中してゆっくり確実に。踏み外したら、どこまで落ちるかわからない。踏み外さなくても、自分はどこまで下りてゆかなくてはならないのか。戻って来れるのか。だめだ。気持ちを揺らすな。一歩一歩でいい。
 我慢できずに頭上を見上げてしまった。水面がすでに遠い。もしこれが本当の水中で息を止めて浮上するとしたら、私の下手な泳ぎでは水面に出る前に息が切れることだろう。そう考えてぞっとした。そして明るい水面から女の人の眠る深みに目を戻そうとすると、そこはすでに暗闇だった。

ピアノ図書館(その5)

翌日、何事も無かったように大祭が執り行われた。
 いや、むしろ鷹史が消えたからこそ、無事に大祭を務めることができた。そんな感じだった。

 大祭前日の出来事は地元の夕刊に大きく取り上げられた。重軽傷者23人。昏倒して救急搬送された人が11人。視覚や聴覚に異常を訴えた人多数。ひきつけを起こした乳幼児9人。パニックを起こして負傷し、予後不良になった馬が3頭。
 そして、行方不明者1名。

 同時刻、住吉神社の敷地以外で怪しい光や音を知覚した報告はなかった。原因は不明。集団ヒステリーか、という解説もついた。大祭当日、マスコミ関係者が数人来たが、一般参拝客はひとりもいなかった。大祭の後も長いこと、神社を訪れる人は少なかった。それでも咲さんのお茶やお花の生徒が訪ねて来たり、桜さんやさっちゃんを心配して商店街の面々が思い思いのお見舞いを持って来たりして、少しずつ日常が戻って来た。しかし神社の悪評は決定的になってしまったのだ。

ピアノ図書館(その4)

 いつまでも晩酌の魚にするわけにいかないので、トンスケを揺り起こした。
「ほら。風邪引くぞ。ウルマス帰って来たから」
 トンスケは持ち前の寝起きの良さでぱちっと目を覚ますとさっと正座して挨拶した。
「ウルマス、お久しぶりです。この琵琶、ご存じですか? お知り合いじゃないですか?」
 ウルマスは面白そうにニヤニヤ笑った。
「はい、久しぶり。うん、よく知ってるよ」

ピアノ図書館(その3)

宮本研究室を出たところで電話が鳴った。院生の小野くんだ。
「今、だいじょぶですか?」
「うん。もう実習終わったの?」
「はい。高山さん、大学に戻って来ます?」
「うん。そのつもりだけど」
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター