忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『真菰(マコモ)刈る』          (ヴァル)

 エクルーとリィンのお話。
 実は、エクルーはリィンにコンプレックスを持っている、というエピソード。……リィン、いいヤツだ。



 ###### ♭ ###### ♭ ######



 エクルーは温室のソファでうとうとしていた。一晩中むずかっていたキリカは、リィンのひざでほにゃんと溶けている。向かいのソファではアカネが毛布にくるまって寝ている。この数日でやせた。顔がこけて、目の下に隈ができている。アカネと一緒にいられるのがうれしくて、泊り込み育児支援に頼っていたけど、そろそろ限界かもしれない。

 キジローは、まだとても帰れそうにない。第一……キジローが側にいると、キリカが泣き止まないのだ。キジローの痛みを感じて。キジローの覚悟を感じ取って。もう家族全員ギリギリだった。そんなところに、キジローが倒れて、シュアラに運び込まれたのだ。今は針で痛みを抑えて、やっと少し眠れるようになったらしい。でも、吐き気がひどくて水さえ戻す有様だ。


 あれ以来、キリカのために努めて平静を装っていたけれど、温室の空気はぴりぴりしていた。それが……今日は何だかふわん、とゆるんでいる。
 こいつのお陰なんだろうな、悔しいけど。同い年の幼馴染。なのに、こいつにはつくづく適わない、と思う。何というか、包容力、とか健全さ、とか穏やかさ、とか赤ん坊に絶対必要不可欠なのに、俺には備わっていない要素を全て持っているのだ。アヤメ、君の選択は正解だよ。

 リィンは、豆や南瓜をつぶした離乳食をいろいろ持って、陣中見舞いに来てくれたのだ。むずかってミルクさえろくに飲まずに、体重が落ち始めていたキリカが、上機嫌でリィンの差し出すごちそうを平らげた。そしてお腹がぽんぽんになって、幸せそうに寝ている。

「夕方までいるから。今のうちに寝てろ」と言ってくれた。疲れきっていたアカネは、ほとんど気を失うように寝てしまった。エクルーはまだ落ち着かずに、ごそごそしている。
 それでリィンが言い出した。
「おまえ、シュアラに行ってこいよ」
 エクルーはとっさに言葉が出てこなかった。
「ここで、会えずに心配してると、悪い方にばっかり考えてしまうだろ?お前がそんなだから、キリちゃんも食べないんだぞ」
 言い返したかったが、二の句が告げない。
「昨日、うちの母ちゃんと大婆ちゃんが、シュアラに行って、2人に会って来た。キジローは眠れるようになったから、ちょっと顔色が良くなって、持って行った夏瓜をうれしそうに食べたらしい。サクヤも少しほっとしてる」
 エクルーもちょっとほっとした。
「お前、行って来いよ。キリちゃんはうちで預かるから。日帰りだって行って来れるだろう?泉を通れば」
「う……」
「行って来い。行って、甘えて、泣いて来い。平気なフリしたって、キリちゃんにさえバレてるんだからな」
 もう、今泣きそうだ。そんなこと言わないでくれ。張り詰めた糸が切れそうになる。
「アカネと2人で行けよ。そしたら安心するぞ? サクヤも」
 何だかいろいろいっぱいになってしまった。
「明日、うちの裏の双子沢の泉から行けばいいじゃないか。今夜、うちに泊まれ。キリちゃんがうちに馴染んでるとこ見たら、お前も安心して出かけられるだろう?」
 こいつ、本当に18歳? 俺と同い年? 何だか一家の大黒柱って感じ。頼もしいじゃんか。ますます落ち込みそう。
「こんな時に……一人で何でもしょいこもうとするなよ。ちょっとは……頼ってくれよ」
 ああ……ダメだ。惚れそうだぜ、リィン。何ていいヤツなんだ。
 エクルーは、緊張がゆるんでぐっすり眠ってしまった。


 目を覚ますと、もう太陽に西に傾き始めていた。お腹がぐーっと鳴る。アカネがぼーっとした顔で、カボチャ・スープを飲んでいる。髪がぼさぼさだ。
「エクルーもどうぞ?」
 アヤメがスープのカップを差し出してくれる。
「むん、あひはと……」
 寝すぎて舌が回らない。
「これじゃ足りないかもしれないけど、リィンのうちでごちそう用意してくれてるから、我慢してね」
「はひ……」
「それ飲んだら、シャワー浴びて男っぷりを上げてくれ。お前を連れて行くって言ったら、妹たちがぎゃあぎゃあ喜んでいたからな。しかし、何だか母ちゃんが一番喜んでいたぞ?」
「メルはキリちゃんを抱っこしたいのよ」
 アヤメがくすくす笑う。何だか温室全体がこざっぱりと居心地良くなっていた。アヤメがロボット達に指示して、住居ゾーンも植栽ゾーンも手入れしてくれたのだ。
 何だか今朝まで”野戦病院”って感じだったのに、今は ”ホーム”って雰囲気。
「シュアラから帰ってきたら、うちにも泊まりに来て。人手はいっぱいあるから。三つ子も、リィンのうちで慣れてるから、子守りは上手なのよ?」
「うん、そうする。ありがとう」
 今度はうまくしゃべれた。
 何だか悲壮な決意で、つっぱらかって、アカネを巻き込んでしまったけど。今更ながら、俺は一人じゃないんだって思う。
「よおし、よく食べたなー。黄瓜も食べてみるか?美人になるぞー?」
 ほっこり温かくなっていた気持ちが、リィンの膝できゃっきゃと笑うキリカを見た途端、急速に冷えた。くそう、悔しい。
「今からそんな顔をして。キリちゃんにボーイ・フレンドができたらどうするの?」
 耳元でひそっとアヤメが言う。びっくりして振り向くと、にこにこ笑っている。女神のようにやさしく。怖い。こんな女の子をつかまえているなんて、改めて、リィンに対する尊敬の念が湧き上がる。勝てないな、いろいろと。大きなため息がもれる。

「どうしたの?」
 顔をのぞきこんで来たアカネをつかまえて、エクルーがキスをする。
「こらっ、もう」
 くすくす笑っているアカネを見ながら、エクルーは感動した。いきなりキスしても、アカネが逃げない。ひざの上で笑っている。俺ってけっこう幸せものかも。こんな小さなことで、何だかやっていけそうな気になってきた。俺って実は単純なんだな。
「どうしたの?」
「うん? リィンちのごちそう、何かなーって」








PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター