忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『しろたえの』                 (ヴァル)

さて、すおみろいが成立して、さらにアルがエルザの婿に選ばれなかったらどうなる?
あ、じゃあ、うちのパール、18歳のぴちぴち気立てのいい子ですよー、と小春ちゃんが紹介してくれて、こういう企画になりました。

ぱーるる企画第一段。

このエピソードは、すおみろいよりちょっと後になります。
作中、アルがパールの弟、ロードのことを話していますが……これは、ロードがスオミへ贈る婚約指輪を用意するのに、パールの弟が勤める宝飾工房を訪ねる……そういう予定がありまして……

まあ、いろいろと楽しみですね。


 ===== ○ ===== ○ ===== ○ ===== ○ =====



   パールは最後のシーツをぱんっと広げ、干しひもにかけた。真っ白に洗い上げられたシーツから立ち上るせっけんの香りを胸いっぱいに吸い込む。いい天気。いい気持ち。

  エルザ姫付きのメイドになって以来、洗濯はパールの仕事ではないが、時間が空いた時など、時々シーツを洗わせてもらう。大きなベッドにかけるシーツを大量に洗うのは重労働だ。だが達成感が素晴らしい。裏庭に長いひもを20本張って、それ全部に、真っ白なシーツが風でひるがえっている。
 人生の問題は、そう簡単に解決できないものばかりだけど、こうしてシーツを100枚くらい洗うと、ほんのちょっと前進した気持ちになれる。くよくよ思い悩むよりも、せっけんの香りに包まれている方がいい。


 風にゆれるシーツの間を歩くのも好きだ。姫さまがお小さい頃、よくここでかくれんぼをしたものだ。いい香りのする真っ白な空間。シーツの間で、お話をお聞かせしたこともあったっけ。

「ネバーランドってこんなところかも知れませんね」
「こんなところ?」
「いい匂いがして明るいところ」
「王子さまもいる?」
「そうですね。真っ白なシーツの向こうからやってくるのかも」

 シーツがはためく度に、明るく影が揺れる。こうしてシーツの光と影の間を歩いていると、異世界への扉に通じているような気がする。実際に異世界に行けたことなどないけれど。

 でも、エルザさまの16歳の誕生日の折の大園遊会。あれは、とても本当のことと思えないほど素晴らしかった。求婚者の方々のきらきらしいこと。あんなに魅力的な殿方たちに求婚されるなんて。あのお小さかった姫さまが……。パールは誇らしい気持ちでいっぱいになった。姫さまのお側についていたせいで、私まで皆様とお話する機会があった。上がってしまって、ろくに言葉が出てこなかったけれど……。

 小さな頃あこがれてたおとぎ話は、こんな形で実現したのかも。おとぎ話の主役になるのは、私には似合わない。お姫さまのおつき、おとぎ話の傍観者。それでいいわ。そうしたら、上がってしまって恥ずかしい思いをすることもない。

 でも……アルさま。何かと私に話しかけてくださるけれど。姫さまが何か、頼んでくださったのかしら。でも、お会いする度にうろたえてしまって、ろくにお返事ができなくて、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。


 雲の陰に隠れていたお日様が顔を出した。まぶしい。シーツの白さに目を細める。
 私のおとぎ話は、これで十分だわ。シーツの王国のお姫さま。いい香りとまぶしさが、この国の宝。手に取れない宝。だから、誰にも奪われない。

 シーツに影が差した。あら? でも太陽は出ているのに?
 ひもが揺れた。シーツの間から、かがんでたんぽぽのような頭が現れた。金色のような、銀色のような、ふわっと明るい髪。見ただけで心がぱっと明るくなってしまう。

「アルさま!」
「こんにちは、パール。”さま”はやめてくれないかな。何度も頼んだろう? 僕は王様でも大賢人でもないんだから」
 髪の色そのままに、明るく人懐こく笑いかけてくる。
「ああ……失礼いたしました。あ……あ、あ、あ、アル!」
 名前を敬称抜きで呼ぶだけで、真っ赤になってしまう。
「エルザに、君が裏庭にいるだろうと聞いたんだ。しばらく、君を貸してもらった」
「貸して? 私を?」
「うん。君に会いに来た。今日は時間があるんでしょう?」
「ええ」
 パールはぽおっとして、目が回りそうだ。
「あそこに座りませんか?」


 アルは木の下のベンチに、パールを誘った。パールは、厨房からお茶をもらってきて淹れると、アルに勧めた。
「ああ、うまい。カルミノのお茶っておいしいよね」
 姫さま達にお出しするお茶じゃない。自分たち使用人が飲んでいるお茶だ。でも、アルはうれしそうに飲み干して、お替りをもらった。
「よかった。君に会えて」
 木のベンチにくつろいで、アルがにこにこしている。
「ロードを君に紹介してもらったでしょう? 御礼をしたいと思っていたんです」
「御礼だなんて……弟に初仕事をいただいて……私こそ感謝しているんです」
「妹もクロイツも、ちょっと世間離れした連中でね、都の宝飾店でできあがった指輪を買うのは、何だかそぐわない感じがしたんだよ。だから、自分で鉱脈から原石を見つけて、友人に加工してもらう……そういう温かいものが作りたかったんだ」

 パールはふっと笑顔を見せた。
「アルの妹さんは、幸せですね」
「ロードも幸せだと思うよ。君みたいな姉さんがいて」
 アルが微笑み返す。
「この間君たち2人を見ていて、何だかうれしかった」
 それから、ポケットをごそごそしだした。
「実は今朝、またロードのところに寄って来たんです。あの工房に水車で動かす大きな砥石があったでしょう? あれで、磨いて来たんです」

  くしゃくしゃのハンカチに包んでいたものを、パールの手に乗せた。ちょうどパールの指の関節2つ分くらいの楕円形の白い石だった。
「イドラ特産のひすいです。川に落ちているときは表面がざらざらだから、砥石で色が見えるところまで研磨させてもらったんです」
「でもロードが、あの砥石は危険だから、慣れるまで何度もケガしたって……」
 そこまで言って、初めてパールはアルの指のケガに気がついた。右手の親指と中指、左手の親指と人差し指に包帯が巻いてある。
「まさか、砥石でケガを……。ああ、こんないい加減な包帯の巻き方……ロードがやったんでしょう? お待ちください」
  パールは城の方に駆けて行ったと思うと、あっという間に薬箱を持って戻ってきた。
「何てこと……ああ、消毒もちゃんとしていないんでしょう? こんな……爪も削れてしまって……痛そう……痛かったでしょう? 本当に……どうしてこんな……」
 汚れた包帯を解くと、傷口をきれいにして消毒をした。そうして、手際よく新しい包帯を巻いた。
「さあ、できた。今日は濡らさないようにしてくださいね」
「はい」
 アルは、パールの迫力に押されてしまった。パールが、アルの前で気後れを感じなかったのは初めてだ。恥ずかしい気持ちが、ケガを見て吹っ飛んでしまったのだ。

 我に返ったパールが、アルを見上げて目を丸くしている。アルは笑い出してしまった。
「俺も、パールの弟になったみたいだな」
「ごめんなさい……つい」
「うれしかった。今のは、俺を心配してしかりつけてくれたんだよね?」
 パールは真っ赤になった。
「ちゃんと君の言うことを聞く。濡らさないようにします。だから、頼みを聞いてくれるかな?」
「頼み?」
 アルは、2杯めのお茶も飲み干して空っぽの白磁の茶碗をパールに差し出した。
「これに水を汲んで来てくれませんか?」
 訝しく思いながらも、パールは井戸の冷たい水を汲んで来た。よっぽどノドが乾いていらっしゃるのかしら? 熱いお茶よりも冷たい水を飲みたいのかもしれない。
「ありがとう。じゃあ、この水に、さっきの石を入れてみて下さい」
 さらに怪訝な顔で、パールはぽちゃんと石を入れた。

 はっきりしない白っぽい石の色が変わった。水に濡れた石の中心に、鮮やかな緑が表れた。中心の緑から周辺の白へと、柔らかなグラデーションになっている。透明感のあるやさしい色だった。
「……きれい……」
「ひすいは水を好む石なんだそうです。だから時々、こうやって水に入れてやってください。それにね、この石には効用がある」
「効用?」
「ひすいはね、”握薬”といって手に握ると、気持ちが穏やかになってリラックスできるんです。君って、緊張しやすそうだから」
 パールがまた赤くなった。
「寝る前にしばらく握って、気持ちがぽわんと温かくなったら、石を水に入れてやればいい。石が吸い取った君のストレスは、全部水に溶けてしまうから」

 パールはうつむいて、水の中のひすいを見つめていた。その目に涙が浮かんで、ぽたんと水に落ちた。
「パール?」
「そんな……私のために……私のリラックスだとかストレスだとか……そんなことのために、ケガをなさって……」
「そんなことじゃないよ」
「だって、私なんてそんなにしていただく価値はないのに」
 私はお姫さまじゃない。おとぎの国の住人じゃない。いつか冷める夢なら、見ない方がいい。
「イドラの川の中でこの石を見つけた時、やっぱり水に濡れて鮮やかな色をしていた。透明感のある白の中に緑が透けて見えて、君のことを思い出した。”パール”という君の名前にぴったりだと思ったんだよ」
 パールはまだ、うつむいたままだった。
「泣かせたかったわけじゃない。君の笑顔が見たかっただけだ。パール。俺の欲しい言葉はひとつだけだよ」
 まだうるんだ瞳のまま、パールは顔を上げた。そして微笑むと静かに言った。
「ありがとう、アル」

 アルも微笑んだ。
「うん。その笑顔のためなら、あと6本の指を削ってもいい」
「ケガしないで下さい。ちゃんと練習してください」
「うん。ロードにも不器用だってあきれられたんだ。今度はもっと上手に磨くよ」
「私はこれで十分。すごくうれしいです。やさしい白と緑で……まるでキャベツみたい」
 それからたっぷり3分間、アルは爆笑していた。笑われて、パールはふくれてしまった。
 

 それ以来、アルはパールに会う度にからかう。
「こんにちは、パール。君のキャベツは元気?」
 パールはツン、として答える。
「元気ですわ、ありがとう。エルザさまにいただいたローマン・グラスの薄緑のカップが気に入ったみたいですよ」
「へえ。ずいぶん贅沢なうちをもらったんだな、君のキャベツくんは」
「だって、大事なものですもの」

 アルは次第に腕を上げて、水に入れなくても鮮やかな色が見えるように、ひすいの表面をなめらかに磨くことができるようになった。今日はレタスくらいに濃い緑のひすいを2粒、きれいなカボションに磨き上げた。これはロードに金具をつけてもらって、パールのクリスマス・プレゼントにするつもり。
 驚くだろうか。でも今度は怒らないでくれるだろう。だって、指は10本とも無傷なんだから。















PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター