忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『標野行き』              (ヴァル)

すおみろい第三弾。

何だかシリーズ化してきました。
少しは進展しているのか?

28歳と29歳と思えない。
中学生カップルのようだ……。


 ===== ○ ===== ○ ===== ○ ===== ○ =====




 青谷の「薬狩り」はクロイツの想像以上に大掛かりな行事だった。ちょっとした夏祭りの様相を呈している。
 何といっても、脊梁山脈周辺の9つの集落が総出なのだ。サクヤがバザールと温室ドームでの診察ができなくなって以来、スオミとスオミの師匠のメドゥーラがカバーしている。メドゥーラが北の2つの集落。スオミは順番に残りの集落を移動しながら診療しているのだ。どこに診療所を駐在していようが、急患は周囲の集落から運び込まれてくる。ミズチのイズミを通じて、地球の裏側から送られてくる患者もいる。というわけで、2人の薬師のために、一肌脱ぎたいものに事欠かないのだ。

 ルパを夏の遊牧地に移動して、冬から初春にかけた生まれた仔の世話も一段落。2歳から3歳に育った若仔を調教代わりに乗りこなして、イドリアンたちが続々と青谷に望む台地に到着している。男達はテントの設営、女たちは竃の用意。湧水の周りをぬかるみにしないよう、石を積みなおして水汲み場をつくる。
 子供たちはすぐに草原に散って、夏の恵みを受け取る。ブルーベリー、ラズベリー、ハスカップ、コケモモ、スグリ、ヤマモモ、クワの実・・・。かごにいっぱいにすると、鍋に空けて、またすぐに次の収穫に行く。今夜のデザート以外は、全部、すぐに鍋で煮て朝食のパンケーキやワッフルにつけるソースにするのだ。摘みながら、かごに入れるのと、口に入れるのは半々くらい。でも大丈夫。どっさりなっているのだから。

 野営地ができると、男たちは放牧地に帰っていったが、どうせ夕方には戻ってくる。女子供がみんなここにいるからだ。みんなでどっさり食事を作って、飲んで食べて踊る。


 メドゥーラとスオミは、薬師と泉守りの修行をしている子供たちを集めて地図を見せた。青谷の薬狩りは生態調査も兼ねているからだ。
 青谷は30年ほど前、深い森だったところだ。そこに隕石が落ちてできたクレーターなのである。
「隕石!」
 クロイツは驚いた。そんなものを見るのは初めてだ。しかし台地から見回しても、石らしいものは見当たらない。
「隕石本体は上空で燃え尽きたが、熱風で森が焼けて、ここはえぐれた裸の窪地になってしまった。あそこから、ここまで」
 メドゥーラは大雑把に彼方に見える岩山と、すぐ後ろにそびえる「3つ子の巨人」と呼ばれる3つの鋭いピークをもつ山脈の間に手を振った。見渡す限りのきれいな楕円形の浅い窪地が、焼け尽くされた、ということか。
「はい」
 少女がクロイツの手に、暗緑色のガラスの欠片を載せた。
「それが、星の降った証拠なの」
 大気の摩擦で燃えた石が、台地を溶かした証。
「でも、そのお陰でここには植物の種類が多いんだよ。大地が痛手から回復しようと、奇跡を起こしたんだろうね」
 それ以来、メドゥーラはこの青谷にどのような植物が生育しているか、詳細に記録をつけてきた。この数年はスオミやアカネも手伝って、論文にまとめている。
「流れる星は、厄災だが、同時に恵みでもあるんだ」

 クロイツは地図係りに任命された。
「お兄さんはここは初めてなんだから、まずはフィールドの概要を覚えてもらわないとね」
 地図には碁盤の目状に線が引かれ、それぞれのエリアに記号で名前がついていた。
「どこにどんな薬草が生えていたか、記録しておくれ。子供たちは、採集袋に採った場所の札をつけてくるから」
 続々と届く採集袋の中身を、女たちが熟練した目で改めて、草の名前と標本数をリストアップしていく。それを台帳に整理するのが、クロイツの役目なのだ。薬草はタグをつけられ、すぐに日陰の風通しのいいテントで陰干しされる。
「ひゃあ、責任重大だ。草の名前を覚えるだけでも大変すね」
「大丈夫。お兄さんなら、すぐ覚えるさ」
 どうやら、クロイツはメドゥーラのお眼鏡にかなったようだ。


 スオミはフィールドで子供たちに指示を出しつつ、ちょくちょく本部に戻ってクロイツの手伝いをした。珍しい植物が見つかったときは、クロイツを呼んで、採集する前に見せたりもした。
 その淡い青紫の花は、岩肌に咲いていた。ほとんど土もついていないだろうに、ベルの形の可憐な花を風に揺らして咲き誇っている。
「へえ、イワギキョウ・・・なるほど」
 クロイツは律儀にその名前をノートに書き込んだ。
「で、これは何に効く薬なんですか?」とスオミに聞いた。
「あ、えーと、薬ではないわ」
 スオミが顔を赤くした。クロイツはちょっとぽかんとした。
「薬じゃない?」
「そうなの。あの、きれいな花で……私の好きな花だったから、あなたにも見せたかっただけなの」
 ややあって、クロイツは笑い出してしまった。
「本当だ。きれいな花ですね。先生の眼と同じ色だ」
 スオミはさらに赤くなった。
「うん。きれいです」
 その賛辞は、花のものか、スオミのものか。
「俺も好きだな」
 クロイツの目はまっすぐに、スオミを見つめている。スオミは落ち着かなくなって、慌てて隣の黄色い花を指した。
「これはアルニカ。とてもいい薬になるのよ? これから根茎が育つから、秋に採取するの」
「へえ。これもかわいい花ですね」
 花のことを言っているとわかっているのに、スオミは何だか不安になってしまった。みんなから離れて、2人だけで岩陰にいる。これって安全なの?
「あ、じゃあ、私、みんなのところに戻るわね」
 歩き出そうとしたスオミの腕を、クロイツが捕まえる。ぐいっと引かれて、パニックに陥りそうになった。
「待ってください」
 言葉が出て来ない。怖い。顔がすぐ側にある。
「地図を置いていってください。俺、まだエリア名が頭に入ってないから」
 スオミは我に返った。
「あ、ごめんなさい。はい。じゃ、戻るわね」
 そそくさと斜面を下りながら、自分の気持ちに困惑する。やんなっちゃう。これじゃあ、まるで13歳の女の子じゃないの。



 去年の秋の薬狩りの時のはなかった植物がいくつか見つかった。中でも、イドラ全体を探しても貴重な種類が2つ見つかって、アカネとルナは興奮気味だった。
「へえ、ミズチドリ。私、書物でしか見たことないわ」
「私も初めて見ます。かわいい」
「こんなに小さいのに、ちゃんと蘭の花の形をしてる。ケナゲな感じ」
 小指の爪ほどの透明感のある白い花が、すっと伸びた茎にずらりと並んでいる。なるほど、小さな豆粒サイズのチドリが空に舞っているような形の花なのだ。

 ルナは、サクヤの生前、イドラの緑について頼まれていたらしい。サクヤが志半ばであきらめた植林や緑化のデータを引き継いで、研究を進めている。
 青谷が、不毛な焦土から豊かな緑野に回復していく様は、イドラ全体の緑化の実験場と言える。裸の乾燥地に強い植物と、木陰が好きな植物があるのだ。ルナはメドゥーラに青谷の記録を見せてもらいながら、砂漠に何を植えるべきか話し合った。

 メドゥーラは、この年若い魔女に一目置いているようだ。学んできた分野は違う。言葉も文法も理屈も違う。でも、2人の間で、話の通りは早かった。まだまだ長生きするつもりであったが、それでも50年後のイドラに自分はいない。イドラの未来を、この魔女に託すことができる。心から有難かった。



 夜は宴会になった。
 子牛を2匹つぶして、1匹はシチュー、1匹は焼いて、みんなたらふく食べた。クロイツは、牛を手際よく捌いたので、あっという間に、男達の間で市民権を得た。ということは、周り中から強い酒を注がれる、ということである。
「まあまあ、飲め。このドブロクはうまくできたんだよ」
「へえっ、ちょっと発泡してるんすね。うん、うまい」
「兄ちゃん、わかってるねえ。これもイケルぞ。去年のサルナシ酒だ」
「あっ、甘い。飲みやすいな」
「好きな女には、これを飲ませりゃ、一発だ」
 酔っ払いの間にどっと笑い声が上がる。
「兄ちゃんも、ここで嫁をもらって、ここに暮らせばいい」
「そうっすねえ。そうしたいな」
 クロイツは口に出してみて、自分が心からそうしたいと思っていることに気がついた。
「ここはいい土地だ。荒地だが自由だ。どんな大国にも支配されない。俺たちの場所だ」
 男たちの言葉には、自分の土地への誇りに満ちている。
「大地が生きている場所なんだ。ここでは子供がたくましく育つ」
 俺はこれほどの愛情を、自分の国に感じたことがあっただろうか。

 本当だ。ここに来て以来、毎日の生活が、水を飲んで、パンを食べて、服を着る、そんな当たり前のことが、ひとつひとつ、どんなに大事か実感できるようになった。イドラでの生活は、まさに地面に足がついている。大地の恵みを受けて、生きていると信じることができる。
「兄ちゃん、ずっとイドラにいなよ」
 クロイツは視線を上げて、ランプの側でルナと話し込んでいるスオミを見つめた。
「ええ。できれば、そうしたいな。俺もイドラが好きです」


 酒盛りの後、酔いつぶれた者や夜通し飲みたい年寄りを残して、ほとんどのイドリアンは集落地に戻った。
 そして、本部にしている天幕にはスオミとクロイツだけが残った。おき火で草を乾燥させながら、薬草の標本と野営地を守るわけだ。クロイツは本部用の天幕に、スオミはその隣に自分用の天幕を作ってそこで寝る予定だ。イドリアンが木枠に干し草を詰めたクッションと、るぱの毛で織った毛布、ふかふかのキルトをかけて、居心地のいいベッドをしつらえてくれていた。

 青谷を見渡せるテーブルにランプを置いて、2人は今日のリストを台帳に整理していた。去年と地形が変わったところ、植生が大きく変わったエリア、新しく見つかった種類など、ページを新しくして解説をつける。
 こうしてひとつの地図と台帳に2人してのぞき込んでいて、気がついたことがある。スオミは、確かにクロイツの言葉に赤面したりする。腕をつかまれるとうろたえたりもする。だが、本能的な恐怖や嫌悪感、警戒心といったものは皆無らしい。
 仕事に集中しているせいもあるのだろう。手が触れたり、肩が重なり合ったり、あるいは標本を積んだ大きな木箱をスオミが持ち上げようとして、よろめいたのをクロイツが後ろから支えたり。そんなときでも、スオミは反射的に身を引いたりしないで、クロイツに重心を任せている。信頼されていることを、喜ぶべきなんだろうか?

 何だか、台帳にずらっと並ぶ花の名前に自分が負けたような気がする。つまり、俺ばっかりが意識しているわけだ。2人きりの職場で、こんな風に野営したりする生活では、ぎくしゃくしたりするよりずっと有難いはずだ。何より、スオミを怖がらせたくない。でも、クロイツは少し寂しかった。少しは俺の気持ちにも気づいて欲しい。

 そう、こういう時だよ。喜んでいいやら、困るやら、複雑な気持ちになってしまう。早朝から責任者として走り回っていたスオミは、疲れ切っていたのだろう。台帳をのぞきながらうつらうつらし始めて、やがてクロイツの肩にもたれて眠り込んでしまった。クロイツはため息をつく。スオミが後ろにひっくり返らないように、背中に腕を回してそっと支えてやる。そうして、スオミの寝息を感じながら、片手で台帳を最後まで仕上げた。

 この人、寝てるときは本当に子供みたいなんだよな。またため息をついて、スオミを抱き上げると天幕に運んだ。寝床に入れて、毛布とキルトをかけてやる。
「おやすみ」
 そういって、まるで小さな弟を寝かしつけていた時の気持ちで、何気なく頬にキスを落とした。その瞬間、我に返った。

  俺、今、何をした?

 スオミは寝たまま、ふにっと笑った。
「お休み。父さん」

 クロイツは心底がっかりした。何だかいろいろなものに負けているな、俺。
 まあ、いいや。嫌われていないだけで、上々だ。とりあえず、信頼されて支えていける立場にある。それでいい。こうして、赤ん坊みたいな寝顔が見れるのも、役得と言えるかもしれない。

 いつものように、スオミが胎児のポーズで丸まって眠るまで、でたらめな子守唄を歌ってやった。ああ、これで今晩も眠れない。天幕から出て、星空を見上げる。へえ、ここから見ると、さそり座が低いんだな。あ、もうアンドロメダの見える季節なのか。
 クロイツは、スオミの小さな天幕を振り返る。こちらの美女は、いったい何に囚われているのやら。俺はこの美女を救う英雄になれるのかね。ため息、ひとつ。

 さあ、今晩も女神の夢を見ながら、浅い眠りをまどろむしかない。それはけっこう、ぜいたくな体験かもしれない。クロイツは天幕に引っ込んだ。東の空低く、ペルセウス座の小さな星々が瞬いていた。


 






PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター