忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『Calling』 (おまけ)    (ヴァル)

チャットで生まれたネタを活かすために、おまけのギャグ・エピソード。
せっかく、感動の終わり方をしたのに、要らんものをつけてしまったかも。でも、クロイツくんの一途さは、ギャグと紙一重なんだよね。

スオミ姉さんもすっかりギャグ要員。困ったなあ。


 ***** ☆ ***** ☆ ***** ☆ ***** ☆ *****

 クロイツは脂汗をかいていた。まいった。刻一刻と事態は深刻になってゆく。

 身体を温めるために、スオミをフロに入れたまではよかった。湯加減を見ながら、冷めないようにお湯を足していく。青ざめていたくちびるやまぶたが、次第にほんのり桜色に染まってきた。でも、目を覚まさない。くちびるをかすかに開けて、気持ち良さそうにお湯の中で漂っている。このまま目を覚まさなかったらどうしよう。俺が着替えさせるのか?
 それでなくても……。濡れたら重くなりそうな毛織物の上着とワークパンツを脱がして、薄手の木綿の上下だけでお湯に入れたのだ。それがお湯で透けて、悩ましい曲線を見せている。俺、いつまで我慢できるんだろう? ずっと耐えてきたのに、さっきキスして抱きしめてしまったから……今更、我慢が効きそうにない。かといって、意識のない女性を襲うわけにいかない。まいった。

 ダンダン、とドアが叩かれて、返事を待たずに薬師の婆さまが入ってきた。
「よし、フロに入れたか。うん、顔色はよくなった。でも、まだ爪が紫色だね」
 婆さまは、スオミの額やお腹を触って診察した。
「どうして、目を覚まさないんでしょう?」
 婆さまがじろっとにらんだので、クロイツは見透かされたようでぎくっとした。
「あっち側に行くってのは消耗するんだよ。2、3日は疲れやすいだろうね。ムリさせないようにね」
「はい」
「魂のシッポが、まだあっち側に残っているんだよ。身体が冷えやすいから、火を絶やさないように」
「はい」
「どのくらいフロに入れてるんだい?」
「ええと、30分くらいになります」
「あんまり長いフロは体力使うから、そろそろ出しなさい」
「ええと、婆さま!」
 クロイツが切羽詰った声を出した。
「……手伝ってください」

 2人がかりでスオミをフロから上げたものの、まったく目をそむけているわけにいかなかった。
「兄ちゃん、医者になるんだろ? そんなことでどうするんだい」
「いえ、患者さんなら平気なんですけど」
「今は、先生が患者だろ?」
 ガウンを着せてベッドに入れて、ようやく一息ついた。
「まだ下腹が冷たいね。中から温めないと」
 婆さまは、コトンと瓶をテーブルに置いた。
「杏の薬酒だよ。お湯で3倍に割ってちょっとずつ飲ませなさい」
「わかりました。あの、スイはどうしてました?」
「腹いっぱいきのこ汁と蒸しパン食べて、ぐうぐう寝てる。あの子は大丈夫だね」
「そうですか」
「じゃあ、頼んだよ」

 ええと。薬酒を飲ませる……眠っている人間に……どうやって?

 うなじを手で支えて、少しずつ口移しで甘い酒を飲ませた。素直にのどをそらせて飲み込む様子がかわいくて、胸が痛むほどだった。青かった爪がピンク色に戻って、頬がぽおっと赤くなってきた。ようやくカップ1杯分飲ませたところで、スオミがうっすら目を開いた。
「先生? 大丈夫ですか? 気分は……?」
「クロイツくん?」
「はい」
「クロイツくん……うふふふふ」
 何だか様子がおかしい。
「クロイツくん……何だかヘンな顔。どうしたの?」
「え」
「困った顔してるのねえ。うふふふ、どうして?」
 そう言いながら、ベッドの上に起き上がってクロイツの方にいざってくる。
「ええと、あの……先生?」
「うふふふ、クロイツくん、好きーっ」
 スオミに抱きつかれて、クロイツは声にならない悲鳴を上げた。スオミの酒が入ると甘えるクセはイドラでは有名だったが、クロイツはもちろん知らなかった。猛威は1時間弱で収まったが、スオミがうふふふふ、と笑いながらまた眠りについた時、クロイツはぐったりして、声も出なかった。
 俺はとんでもないところに来てしまったんじゃないだろうか。でも、今更逃げ出すわけにいかない。もうしっかりつかまってしまった。……覚悟を決めるしかない。こうなったらどっぷり浸かってしまおう。エキセントリックな泉の巫女にとことんついて行こう。寿命が縮みそうな気がするが、素晴らしいごほうびが待っている……多分。








PR
*COMMENT-コメント-
▽爆笑
くくく、安心しろクロイツ。お母さんはギャグ要員が大好きだ(困った母親)。

薬師の婆様が好きです。
なんて楽しい人たち(笑)。
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター