忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

月夜のピアノ・マン(その1)


 桜さんと初めて会った時のことは今でも鮮やかに覚えている。
 あの時、降りしきる桜の花びらの下で、私は天女を拾った。いや、拾われた。



 あの頃、私はずっと怒っていた気がする。あの日も私は怒っていた。私たちの施設を見下ろす土手の桜並木を見ながら、満開の桜が綺麗だと思う心の余裕も無く、子どもの暮らす施設をどうしてこんな大きな川の横に作るのよ。決壊したらどうする気。親のいない子なんか、流されて溺れてもしょうがないってこと。そうよね。そうしたらその分、助成金節約できるもんね。11歳になってもらい手も見つからない自分なんか、将来たいして貢献する見込みもないのに、税金無駄とか思われてるわよね。などと、ブツブツ心の中でつぶやきながら静かに怒っていた。でもさ、私は確かに出来悪いかもしれないけどさ、この子はいい子よ? 頭いいし、優しいし、聞き分け良すぎて可哀想なぐらいだし、と鉄棒で1年坊主の智の補助をしながら、ムラムラ怒りが湧き上がって来た。私はいいわよ。下手くそだけど何とか25m泳げるし。でもこの子も2年生の優奈も、もし洪水にでもなったら。
 そこまで考えて、冷たい水に流されるちび達を想像して涙ぐみそうになってしまった。いや。そうなったら、私が飛び込んで、何とかこの子達だけは土手に押し上げよう。うん。大丈夫。あんたは絶対助けてあげるからね。
 こんなことをぐるぐる考えて百面相している私を、智は大きな瞳でじっと見上げている。
「瑠那姉ちゃん。お腹いたい? お腹すいた? クッキーあげようか?」
 いい子じゃないか。私はまた泣きそうになった。

 要するに、私はその頃、絶賛情緒不安定だったわけだ。

 私のいた桜林ホームは就学齢の児童が暮らす施設だ。物心つく前の子どもの方がもらわれて行きやすい。それでもホームで8、9歳ぐらいまでの子はもらい手が見つかることもある。10歳越えると難しくなる。特に私みたいな可愛げのない子どもは。
 参観日や運動会でも、見に来た大人に値踏みされているようで、媚びてると思われるのがイヤで、わざと突っ張ったアピールをしてしまう。セリにでもかけられている気分で、だんだんイライラして来てしまうのだ。いいのよ、もう、自分は。それよりも智はどう? いい子よ? 優奈もおっとりしてるけど、じっくり考えるタイプなだけで理科得意だし、3年生の隼人と綾音もホームの先生のお手伝いしてちびの面倒よく見るし。とか考えてちび達を売り込もうとしていると、今度は自分が女衒か何かになったような気がしてげんなりする。学校の同級生の誰もが当たり前に生まれつき持っているものを、私たちは持っていない。そんな理不尽にイラだったりため息をついたりしてしまう。そうして、こんなこと考えてると、ますますもらい手つかないだろうな、とまたため息が出る。

 私が浮かない顔をしているので、智は「待ってて。今、クッキー持って来る」とホームの方にとてとて走って行った。別にお腹すいてるわけじゃないのに。
 もう一度ため息をついて、土手の方に目を向けた。その時、桜の下に立っている女の人に気づいて息を飲んだ。

 その人は朧月夜の空のようなグレーの生地に、裾と肩にしだれ桜を描いた着物を着て、桜の花びらを散らした淡いピンクの日傘を挿していた。腰まで届く真っ直ぐな黒い髪。日傘に隠れて顔は見えないけれど、優雅に降りしきる桜の下を歩く、桜の着物の女の人は天女みたいに見えた。

 私は見とれながら、ちょっと心配になった。この桜並木には怖い話がたくさんある。横の大きな川に橋を架ける時、人柱にした子どもたちの墓標代わりに子どもの数だけ桜を植えたとか。その子どもが新月の日に木の影から手招きするとか。その声に答えちゃうと首括りたくなるとか、川に入りたくなっちゃうとか。ついでにその子どもが満月の日にホームの運動場で遊ぶとか。
 というわけで、私たちのホームはもちろん近隣の小学校でお化け屋敷扱い。ホームの子どもは人柱、人柱と囃される。伝説はかなり詳細に培われていて、例えば今ちょうど着物の人が通りかかったホームの池から正面の木ではこれまで5人、首吊り自殺したとか。

 その木の下に着た瞬間、つむじ風が起こって桜色の日傘が飛ばされた。女の人の髪が吹き上げられて、身体がなぶられている。

 私が慌てて土手を駆け上がって走り寄ろうとした時、天女は花吹雪の中で倒れた。

PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター