忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

月夜のピアノ・マン(その4)

何の罰ゲームと言いつつ、買い物に連れができたので内心ちょっとホッとしていた。
 住吉参道の商店街だと、みんな声をかけてくれて優しくしてくれるけど、ちょっと逸れて住宅街を歩くと会いたくない人間に会ってしまいそうだからだ。つまり、小学校の同級生やその父兄である。


小学校の転校初日のこと。担任の澤野先生が私の名前を黒板に書いて紹介してくれた時、『はいっ』と勢いよく手を挙げた女子がいた。指されると立ち上がって妙に明るいハキハキした調子で彼女は言った。
「先生。織居さんは施設から来たばかりで、この町にも今のおうちにも慣れていません。みんなで親切にしてあげたら良いと思います」

 クラスの時間が一瞬止まった。私は前の小学校でも慣れっこだったので、やれやれとこっそり肩をすくめた。澤野先生はちょっと眉をひそめたが、明るい声で答えた。
「岩永さん、提案ありがとう。みなさん、この町や学校のこと、織居さんに教えてあげてくださいね」
「はーい」
 生徒も何事も無かったように返事したが、すぐひそひそ内緒話が始まった。やれやれ。
「岩永さん、後で職員室に来てください」
 澤野先生はきっぱり言ったが、みんなの前では施設の問題に触れなかった。やれやれ。

 ひそひそ内緒話をしたり、目を合わせない生徒が半分ぐらい。残りの半分はむしろ親切にしてくれた。トンチンカンな気配りもあったが、概ね私の味方になってくれるつもりらしい。

 お昼休みにまっすぐな黒髪をおかっぱにした女子が私を中庭に誘った。彼女は、藤田百合恵と名乗った。
「織居さん、岩永さんの言ったことは気にしないでいいわ。あの人、あなたが羨ましいのよ」
 目から星が出るぐらいびっくりした。羨ましい? もらわれっ子の私を?
「あの人の家は裕福だけど、昭和に入って栄えた商家でしょう。この町で織居のおうちは歴史から言っても別格だもの。敵わないからイジワルするのよ」
 私はまだ呆然としていた。
「織居は平安時代まで遡れるおうちでしょ。神社はこの町の中心だし、神主さんは中学校の先生だし、娘さんは大学の先生だし。それにお嬢さんもお婿さんも綺麗だし。太刀打ちできないわ」
 話を聞きながら、私は藤田さんに興味が沸いて来た。キチンとした仕立てのいい洋服にハキハキした話し方。それに何よりキリリと切れ長一重の和風美少女である。この人こそ、いいお家柄の令嬢という感じだ。こんな公立学校では掃き溜めに鶴とまで言わないけれど浮いている。どうして私立に行かなかったんだろう。
「あの、織居ってそんなに由緒ある家なの?」
「あら。あなた聞いてないの? とても綺麗で悲しい伝説があるのよ。ちょっと待って。鳴海さーん」
 藤田さんは中庭を横切る渡り廊下を通りかかった色白ぽっちゃりした女子に呼びかけた。
「鳴海さん、3年生の時に自由研究で住吉神社の伝説を調べて発表したでしょう? 市長賞取ったのよね? あれ、すごく面白かった。織居さん、知らないんですって。話してあげてよ」
 鳴海さんは、明らかにうろたえた様子。最初、私との距離を測りかねてる感じだったが、やがて上手な語り口で話してくれた。

 昔、今の住吉神社のある山に銀の髪の姫が生まれた。その頃、山は今の倍もあって、谷筋に澄んだ泉がありそのほとりに大きな桂の木が生えていた。姫があまりに美しいので、泉に住む竜神は見初めて求婚した。竜神に嫁入りするということは、家族と別れて、冷たい泉の奥底の宮殿に住むということ。姫は決心がつかず、あれこれと知恵をしぼっては竜神の申し出を退けていた。
 やがてふもとの村をひどい干ばつが襲った。飢饉が続き、飢えて死ぬ人もいた。姫は雨を降らせて村を救ってもらう代わりに竜神の輿入れすることを決めた。
 ところが、竜神は嫁ごを得る喜びに我を忘れて盛大な雷雨を引き起こし、その嵐は三日続いた。ようやく晴れた時には山は崩れて半分になり、谷にあった泉は尾根筋に、大桂は雷で折れて切り株になっていた。その焼け焦げた桂の根元にこときれた姫の姿があった。不思議なことに村には何の被害もなく、雨に潤った田畑を喜ぶ村人の声が響くばかりであった。
 姫の三人の妹は三人の神に祈って姉姫を弔った。その三人の神こそ住吉の三神である。
 竜神は今も時折、姫を失った悲しみを思い出して、咆哮を上げては嵐を呼ぶ。でも三人の妹姫と住吉三神が守っているので、ふもとの里が流されたり、干ばつに遭ったりことも無く、いつまでも栄えたということであった。

「銀の髪の姫は摂関家にもつらなる貴族だったんだけど、3人の妹姫はすべての財産を捨てて神仏に帰依したんですって」
 ふえええ。貴族。サクヤさんを見てお姫様みたいと思ってたけど、まさかホントにお姫様の末裔だとは。
「それ以来、住吉に住む妹姫の子孫には時々銀や金の髪の子供が生まれるそうよ。ほら、今もいるでしょ。お嬢さんのお婿さん」
「鷹史さんのこと?」
「そう。鷹史さん、素敵よねえ。いとこ同士で、生まれた時からの許嫁。映画みたい」
 藤田さんと鳴海さんは頬を染めて、ほう、とため息をついた。凛とした高嶺の花のような藤田さんを惚れさせるとは、さすが鷹史さん。2人とも境内の庵にお茶を習いに来ているらしい。聞いてみると、同級生や上級生に、咲さんの生徒がけっこういるそうだ。みんな、鷹史さん目当てなんじゃあるまいか。

 鷹史さんファンクラブのおかげで、私は一定数の味方を得ることができた。どうもクラスは岩永さん親衛隊と、それに与しない少数派の藤田さん陣営に別れているらしい。岩永さんはクラス委員で生徒会役員。お母さんはPTAのえらい人らしくて、私の情報もそこから漏れたと推測される。手ごわいけど平気だ。毎日、私の服装はつま先から天辺までチェックされるけど平気。知らないで着ていた服がけっこうなブランドらしいとわかって、へえ、と思うだけだ。でも鬱陶しいのは確か。前の小学校でも、施設の子がクラスにいることに何かと難色を示すPTAがいたものだ。”きちんとしたおうちじゃない子はやっぱり”みたいなことをよく言われた。
 藤田さんは表立って岩永さんに対立しないけど、彼女が誰かにマウンティングを始めると冷ややかな顔で片眉を上げる。そして何かうまく理由をつけては攻撃対象を避難させると、岩永さんに向かってニッコリ笑う。岩永さんは欲求不満でイライラが募っているはずである。そろそろ爆発するかもしれない。

 というわけで、鷹史さんやのん太が一緒に町を歩いてくれると、少し安心なのだ。

 咲さんの用事はすぐ終わったけど、桜さんのリストは細々していた。まずはドイツパンの店で明日の朝食とおやつ。クルミとブルーチーズ入りブロートとシナモンクノーテン、プンパニッケルは必須。それ以外に好きなものを9つ、と書いてあった。種類が多いので、お菓子の家に紛れ込んだヘンゼルとグレーテルみたいに目がくらんでしまった。お店の奥から焼きたてパンのいい香りが漂ってくるし、トレイのパンはどれもこれも美味しそう。ようやく選んで店の外に出た時はぐったり疲れていた。大きな紙袋いっぱいのパン。住吉は大家族なので、これでもあっという間なのだと言う。それから八百屋さんで春キャベツと小カブ、魚屋さんでシラスとカマスの一夜干し、という風にクエストが続く。どのアイテムも家族8人分なので大荷物になる。だんだん足が痛くなって来た。
「次はどこ?」
「えーと。一乗寺茶舗でさっちゃんを回収すること」

 お茶屋さんに入って見ると、すぐ奥に通された。あさぎ色の着物のサクヤさんがご隠居さんと将棋盤を囲んでいる。ふええ。将棋。渋いなあ。サクヤさんの番らしく、うーんと考え込んでいてこちらに気づかないようだ。おかみさんが、私たちに美味しいお茶を出してくださった。
「将棋仲間やった松原さんも瓜生さんも足ぃ悪うして来てくれはらんもんで、お祖父ちゃんずっと元気無かったんよ。さっちゃんが将棋覚えてねえ、この頃時々寄ってくれるやろ。楽しみにしとるんよ」
 慣れない草履でちょっと痛かったので、一休みしてお茶をいただけるのは有難い。
 サクヤさんはまだ、うーんと首をかしげている。いつもふんわりニコニコしてるとこしか見たことないので、眉間にシワ寄せた顔は珍しい。そこへ、鷹史さんが畳の上をいざっていって、サクヤさんの肩ごしに盤面をのぞくと、ひょいっと駒を動かした。
「あ」
「あーっ」
 勝負がついてしまったらしい。
「ひどい。タカちゃん。やっとここまで進めて、ええとこやったのに。いきなり来て王手とか、何やの」
 サクヤさんは半泣きで本気で悔しがっている。珍しい。こうしていると年相応に見える。ご隠居さんはわっはっは、と笑った。
「参った参った。さすがタカ坊。アメリカの大学で博士になっただけのことはある」
 私はびっくりしてお茶を吹きそうになった。
「えっ。博士? 中卒とか言ってなかった?」
「学歴は中卒だよ。間違ってない」
 のん太が解説する。鷹史さんはいつも通り5歳児みたいな顔でニコニコしている。
「アメリカの何やすごい大学にさらわれてって、高校中退になってしもたんやて」
 ふえええええ。
「何の博士やて? 将棋やないよなあ?」
「物理ですよ。俺、通訳に連れてかれたけど、宇宙語かってぐらいチンプンカンプンでしたもん」
「通訳って何。のん太、あんた英語しゃべれんの」
 私はご隠居の前で猫かぶるのも忘れて詰め寄った。
「ちゃうちゃう。その時は俺も高校生やもん。英語わからんけど、鷹史の言うことならわかるから。俺とか咲さんとか、交替でついてったわけ」
「不思議やなあ。わしにはさっぱりわからんねんけど、さっちゃんも桜さんも、タカ坊の言いよること、通じとるんやもんなあ」
 ふえええええ。高校生で、アメリカの大学行って物理の博士。ふええええええ。常々、鷹史さんて宇宙人じゃないかと思ってたけど、これではっきりした。やっぱり宇宙人だわ。
「半年ぐらい行っとったんやろ? ほやのに、しょっちゅうひょっこり帰って来て、うちにもよう寄ってくれよったよなあ。あれ、飛行機代とか、あっちが出してくれとったんか?」
 ご隠居に聞かれても、鷹史さんはニコニコ笑って八つ橋をポリポリ齧っているばかり。ううむ。宇宙人だ。だいたい空飛ぶんだもんね。今更驚かないわ、驚いたけど。アメリカからだって、ひょいっと涼しい顔して飛んで来たに違いない。

 お茶屋さんを出ても、まだサクヤさんはふくれ面だった。鷹史さんが何か私にわからないことを言ってはからかっている。そんな鷹史さんをサクヤさんはポカポカ殴っている。何だ何だ、可愛いぞ。鷹史さんといる時のサクヤさんは、ちゃんと20歳の女の子らしく見える。さすが新婚夫婦。そしてサクヤさんのお腹には2人の間の子供。私はちょっと赤くなってしまった。いいなあ。2人とも綺麗でかしこくて、立派なおうちですくすく育って。世の中にはこんな夫婦もいるんだなあ。そりゃ、鷹史さんが言葉しゃべれなかったり、サクヤさんが身体弱かったり、いろいろあるのかもしれないけど、私から見るとただ眩しいだけだ。その障害さえもおとぎ話のエッセンスのような。丘の上のお城に住むお姫様と王子さま。私はお城に偶然の幸運でもらわれたみなし子。いいなあ。私もいつか魔法のドレス着て舞踏会に出られるのかなあ。

 桜さんのリストの最後は大きな本屋さんだった。趣味の園芸と、フランス語講座のテキストを買ってくること。それから子供たち、ひとつずつ、何でも好きなものを買うこと。
「へっ。好きなもの?」
 のん太が、桜さんから預かってる財布を振ってみせた。
「そ。本でもCDでも鉱物標本でもパズルでも。何なら文房具とかカバンもあるよ。この店にあるものなら何でもいいからひとつ」
「ふえっ」
 住吉の子供は、下宿人ののん太や婿養子の鷹史さんも含めて全員、月に一回、この大きな本屋さんで好きなものを桜さんに買ってもらえる風習らしい。
「本と音楽と教材はどんだけあっても害にならない、ってのが桜さんと光(みつる)さんの持論でさ。おかげで葵さんは本の虫。蔵は本とレコードで埋まってる」
「ふええええええ」
「何買ったか見せて、時々桜さんにも貸してあげるってのが条件だけど」
 なるほど。それじゃ、いかがわしい写真集なんかは買えないわけだ。それにしても。この針入り水晶の大きな標本なんかン万円もするじゃないの。どうすんのよ。
「私、3階見てくるね。1階のカウンターで待ち合わせしよか」
 サクヤさんが提案した時、私はまだふええええええと茫然自失だった。後で知ったけど、3階は洋書コーナーなのだ。専門書から絵本まである。
「じゃ、30分、いや1時間かな。さっちゃん、疲れたらベンチにいたらいいよ」
「うん。大丈夫。本読んでる」
 サクヤさんはのん太ににっこり笑った。サクヤさんにとって鷹史さんものん太も3つ上の従兄弟。でも鷹史さんを選んだんだよなあ。のん太は、サクヤさんを好きになったりしなかったんだろうか。のん太は、この新婚カップルを弟と妹のように面倒見ている。自分はまだ学生なのに、同い年の従兄弟が博士号持ってて美人のお嫁さんがいて、もうすぐ父親になるってどんな気分なものかしら。のん太は、岩永さんみたいに妬んでイジワルとか無縁な気がする、何となく。そもそもパヤパヤしたこの夫婦見てると張り合うのもアホらしくなっちゃいそうだし。
 そうなのよね。私も妬んだりとかは無いんだけど、どうしてこうも違うのかしらって思っちゃう。でもいいの。神社の大量の本はどれでも好きなだけ読んでいいって言われたし。そして今日は新しい本。何でも好きな本、自分の本を買っていいって。それこそ夢みたいだ。目がチカチカする。
 どうしよう。外国の絵本も気になるし。でもこの間映画化した小説も読んでみたかったの。綺麗な飾り窓の写真集も素敵。方解石の標本もいいな。どうしよう。毎月ひとつってことは、来月まで取っておいてもらうのも手段よね。写真集とかすぐ無くなっちゃうかも。待て待て。よく考えなくちゃ。
 再びお菓子の家のヘンゼルとグレーテルになってしまった。片っ端から齧ってみるわけにいかない。ひとつだけ。よく考えて選ばなくちゃ。

 結局その日、私は本を選ぶことができなかった。イギリスの翻訳小説の棚をうろうろしていた私の肩をポンと叩いたのは、にっこり笑った岩永さんだった。ピアノの発表会にでも出られそうなベルベットのワンピースを着ている。巻いた髪にはリボンのカチューシャをして、『小公女』の主役を張れそう。そして彼女の横にはシャネルスーツにコサージュ、ロングネックレスの若くて綺麗なお母さん。うーむ、すごいぞ。絵に描いたようなPTAファッション。ホントにこういう人いるんだ。

「ママ、この子よ。ママが言ってた施設の子」
「まあ。あなたが瑠那ちゃんね。会いたいってずっと思ってたのよ。初めまして」

 いや。私は会いたくなかったぞ。断じて。


PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター