忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

東の魔女見習い(その2)

「都って悩み無さそうでいいね」
 いろんな人によく言われるのだが、実際のところ悩みが無いわけではないので羨まれても困る。悩みが無さそうに見える要因の8割は私の外見だ。油断するとすぐ二重あごになりそうな丸顔丸ポチャ。明るい色の髪にそばかす。そしていつもヘラヘラ笑っている。自慢では無いが物心ついてから私は泣いたことも怒ったこともない。

 なぜなら私が泣くと雨が降るし、怒ると地震が起こるからだ。


髪の色のせいで小さい頃から随分イジメられたが、泣かなくてもイラッとしただけで地響きが起こってオロオロしたドンちゃんがなだめに来る。仕方ないのでため息ひとつついてへらっと流すしかない。かなり明るい栗色にところどころ金色や銀色のメッシュが入っている。それにウェーブのきついクセっ毛。中学高校の風紀の先生にはかなりネチネチ言われたが、その度に私の3ヶ月時の写真を見せて時には母から説明してもらう。当時の担当医に一筆書いてもらったこともある。
 生まれた時、私はほぼ金髪だったらしい。そして薄い緑色の目。お腹がすいて泣く度に雷が鳴ったり地響きがするので、自分でもびっくりして泣き止む。慌てて母や叔母たちや兄たちや従兄弟たちや何やかやが私の周りに集まって来る。そんな乳児時代を過ごしたせいで、保育園に入る頃にはすでにヘラヘラぼーっとした人格が固まっていた。何事も受け流すしかない。自分の苦痛を誰にも訴えることができない。

 私の抱えるやっかい事の始まりは千年を遡る。平安時代の我が家のご先祖さまに銀の髪、金の瞳のお姫様がいたそうだ。泣くと雨が降るし、怒ると地鳴りがする。歌うと山が揺れるので、ひとこともしゃべらない。山里でひっそり暮らしていたのに、どういう経緯か都の下級貴族に輿入れして政争に巻き込まれた。夫を殺され、まだ赤子だった息子を奪われた時、彼女は叫んだ。
 彼女の泣き叫ぶ声に感応して、竜宮が開いた。

 豪雨に稲妻。山が崩れ始め、津波が押し寄せる。
 姫は竜宮へと続く奈落に身を投げた。そして姫の3人の妹がその奈落を閉じた。ひとりは東へ、ひとりは西へ。まつろわぬ人々に守られながら、鉱脈や水源を綴り、大地が裂けないよう結界を張っていく。最後のひとりの妹姫は、姉が身を投げた奈落の縫い目の上に立ち、柱となった。東と西の姉妹が引く力と、地の底の竜宮が引く力を天につなぎ、十字の要に立ち続けた。

 我が家は東の妹姫の末裔になる。
 
 姫を守る一団は旅の先々で、丹を生む谷を見つけたり、温泉を沸かしたり、ついでに大石を動かして溜池を作ったりしながら、その土地の人々にかくまってもらったようだ。その土地に馴染んで残る者もいれば、新しく旅に加わる者もいる。霊能者ばかりを選んだわけではないはずだが、異能者を理解するのはやはり何らかの異能を持つ人間が多かったようだ。
 というわけで、うちの家系には時々ヘンな子供が生まれる。

 私の11歳上の従兄弟、鷹史は銀の髪、金の瞳だった。声を出す度に山鳴りがするので、丸っきりひとこともしゃべらない子供だった。それでも家族には通じるので、不便は無い。物を飛ばすし、自分も飛ぶ、天狗の落し子のような子だった。私なんか鷹史に比べれば全然生易しいものだ。

 タカちゃんは私の王子さまだった。王子様には当然美しいお姫様がいて、私は遠くから見つめる人魚だった。
 お妃に選ばれたのは都のはずれのお社で子供の頃から柱を務めている、末の妹姫の末裔。つまり東と西の一族から一身に守られている宝だ。私たちはすべて、この柱の姫のために日々身を捧げている。もちろん柱の姫も命懸けで要を務めている。前の柱の姫が心臓を壊して仮死状態になり、お役目が孫の彼女に降って来た時、まだ5歳だったそうだ。24時間365日前後左右から引っ張られ続け、身体への負担が半端じゃない。内蔵に負荷がかからない物しか食べられないし、お社からだいたい半径5キロ範囲しか出られない。
 だから彼女は5歳からチョコレートもケーキもハンバーグも食べたことがない。新幹線も飛行機も乗ったことがない。結界内の水脈が濁る度に、あるいは地底のプレートが揺れる度に、熱を出したり倒れたりする。そうして必死で守って来た結界が、彼女が10歳の時に破れた。彼女を守り、結界を繕うために竜宮に身を投げたのは姫の父親だった。物心つく前からそんな過酷な運命にもかかわらず、姫はスネずイジケずふんわり微笑んで日々お社の掃除をしている。
 敵わない。

 私は波間で揺れながら、姫とタカちゃんを見守っていければいいや、と思っていた。でも泡となって消えたのは私ではなくタカちゃんの方だった。彼は24の時、1000年前の姫のように奈落に身を投げて竜宮に身を捧げた。姫の父親と同じだ。遺体も無く、ただ消えた。行方不明扱いで、10年前に失踪宣告となった。
 そして私はタカちゃんが守ったものを守り続けるために、東で魔女見習いをやっている。
 泣かず怒らず、ヘラヘラしながら。

 新幹線の車窓に映った自分の丸ポチャ顔を見て、ため息をひとつつく。

 タカちゃんが守った姫は今も都のはずれで暮らしている。参道に賑やかな商店街のある、緑の杜に囲まれた神社で石畳の落ち葉を掃いているだろう。彼女はチョコレートもクッキーも食べられないから、8歳児コンビへのおみやげと別にさっくり軽いレモン風味のメレンゲを買った。いつも穏やかにふんわり微笑む彼女の顔を思い浮かべると胸がチリッと痛む。

”都”

 ドンちゃんが青い顔で現れた。

”何よ。別に揺れてないでしょ”
 私は声に出さず答える。
”そうじゃない”
 消えそうな青い顔だ。実際彼はほぼ透明でほぼ誰にも見えない。編集長のような特異体質の人間以外は。
”ああ。水? 袋で寝ていればいいのにうろうろするから”
”久方ぶりなので景色を見たかったのだ”

 新幹線の窓に貼り付いて車窓の風景にはしゃぐ水神のお使いなんて聞いたことがない。

”仕方ないわね。通路においで”

 私はミネラルウォーターのボトルを取り出して席を立った。
PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター