忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

白い花の歌(その1)


 古びたお堂の古びた木の床に水面が見えた。水底に女の人が眠っている。南国の太陽が射し込むサンゴ礁の海のように、明るく透明な水中にあって、手が届きそうに浅く近く見える。ところが水に入ってみると、空間が揺れて歪んでいる。目眩のような感覚に惑わされないように、一歩ずつ下りていく。距離感が掴めない。足元に集中してゆっくり確実に。踏み外したら、どこまで落ちるかわからない。踏み外さなくても、自分はどこまで下りてゆかなくてはならないのか。戻って来れるのか。だめだ。気持ちを揺らすな。一歩一歩でいい。
 我慢できずに頭上を見上げてしまった。水面がすでに遠い。もしこれが本当の水中で息を止めて浮上するとしたら、私の下手な泳ぎでは水面に出る前に息が切れることだろう。そう考えてぞっとした。そして明るい水面から女の人の眠る深みに目を戻そうとすると、そこはすでに暗闇だった。
慌ててもう一度水面を見上げると、頭上も暗い。一瞬パニックになりそうになった。

 ダメだ。私が動揺したら地面が揺れる。落ち着いて。歩いて来たのだから歩いて戻れないはずがない。それにほら、真っ暗じゃない。月夜のように足元が明るい。頭上は濃紺。足元は群青。青い世界に私は取り残された。
 さっきまでゴツゴツした岩やトゲトゲしたサンゴの間を注意深く歩いていたのだ。それはもちろんイメージに過ぎないことはわかっている。でもそう信じるからこそ、しっかりと足を進めることができたのだ。今は何だか足元が頼りない。柔らかいものを踏んでいる。ちょっとしっとりした露を含んだ牧草地のような感覚がある。屈んで慎重に手を伸ばして、足元にあるものを触れてみた。

 花だ。白い花。ええと、これ何の花だっけ。ニリンソウに似ているけどもっと大きい。アズマイチゲとか言う高山植物にこういうの無かったっけ? シュウメイギクにも似ているけど茎が短いし。見渡す限り、なだらかな稜線を描く草原が花に覆われていた。月のない月夜の空の下。風もなく暑くも寒くもない、音ひとつしない世界。
 まるであの世の風景だ。そう考えて再び背筋が寒くなる。でも落ち着かなくては。竜宮に向かう空間で、目に見えるものは本物じゃない。イメージに過ぎないのだ。鷹史さんは、人間は理解を超えたものを認知できないので、勝手に親しみやすいものに翻訳して認識しているんだ、と説明していた。人は結局見たいものしか見ないし、理解したいようにしか理解しない。つまりこの風景は私の中にすでにあったもの。そして私は、この風景に確かに見覚えがあった。

 夢の中で私はここに来たことがある。何歳ぐらいからか覚えていない。はっきり覚えているのは、初めて竜宮を覗き込んだ、あの日。母さんが目を塞いで抱きしめて私を取り戻してくれたあの時。住吉の新さんが消えたあの日の後のことだ。私は何日も高熱を出して寝込んだ。生死の境を彷徨ったと後で言われたけど、その間中この夜の底の花畑にいた。暑くもなく寒くもなく、苦しくも寂しくもなかった。ただぽかんと、花の中に座っていた。眠くもなく、いつまで待っても朝の来ない長い夜に、ひとりで目をぱっちり開けて座っていたのだ。すると稜線の向こうから鼻歌というかハミングが聞こえて来た。気楽そうな楽しそうな様子で散歩のついで、という感じで鷹史さんが現れた。私の隣に立った鷹ちゃんを、私はぽかんと見上げていた。鷹ちゃんは手を伸ばすと、私の前に手のひらを開いて”ほら。一緒に帰ろ”と微笑んだ。花の中、手をつないでゆっくり歩いた。散歩でもするようにのんびりと歌を歌いながら、私は戻って来た。
 でも今度は鷹ちゃんはいない。
 澪さんも海の底で、この花畑の夢を見ているのだろうか。探せばどこかで、澪さんがぽかんと座っているのだろうか。
 私は彼女を連れて戻れるんだろうか。手をつないで帰るとして、どこに向かって歩けばいいのか。永遠の夜の底、見渡す限りのなだらかな丘陵地。目指すべき山もない。ただどこまでも花畑。どこまでも白い花。

 ここで待っていたら鷹ちゃんに会えるかも。そう考えついて胸がぎゅっと痛くなった。そうだ。竜宮では時間なんか関係ないって言ってた。時間も空間も飛び越えて、鷹ちゃんに会えるかもしれない。そう。だってこの風景はイメージ。私の中にあるもの。だったら私が強く望めば実現するはずだ。鷹ちゃん。もう一度あなたに会いたい。過去のあなたか未来のあなたに。私は精一杯やって来たつもりだけど、これで間違ってない? トンチンカンなことをしてるんじゃないかいつも不安なの。いつか私が失敗して何もかも失ってしまうのでは。消えてしまったあなたの代わりが私に務まるのか。できるだけ考えないようにしているけど、本当はいつもいつも不安でたまらない。甘えた考えかもしれないけど、あなたに会ってまた髪をぐしゃぐしゃになでて欲しい。”よくがんばったな。えらいえらい”とほめて欲しい。鷹ちゃんの、5歳児みたいな明るい笑顔をもう一度見たい。自分でもびっくりするぐらい涙が後から後からこぼれて来る。そうだ。私は金の瞳の姫の血筋。雷を呼び大地を揺らす子供なんだもの。いつも感情を抑えて来た。何もかも胸に秘めて、感じたことも考えたことも隠して来た。眠そうな三白眼の無表情の奥で、ずっと我慢して来た。そうだ。もう抑えることはないんだ。だってほら、こんなに泣いてるのにここはこんなに静かじゃない。青い夜の底で、やっと思う存分泣ける。思いのまま、あなたを探すことができる。この強い気持ちが時空を動かさないはずはないではないか。

 鷹ちゃん、あなたに会いたい。


PR
*COMMENT-コメント-
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター