忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

『Agnus Dei』

ぱーるる第2弾にして、クリスマス企画。

手作り感満載の地味なクリスマス・デート。絹はイドラ村の村興し、目玉商品でございます。

王宮の女官だと位も高いのかなあ、とか思って侯爵夫人とか出しちゃったけどよかったかな?
パールの性格や人生もかなり捏造してしまいましたが……

小公女セーラちっくですが、幸せになろう、パール。


 ***** ***** ***** ***** ***** ***** *****


 その朝、メイド部屋に黄色い悲鳴が飛び交った。その騒ぎの中心はロイヤル・ブルーの箱だった。光沢のあるシルクで包まれた箱の上に金と銀のリボン。そしてそのリボンの結び目の上に、両手のひらで包めるほどの大きなシルク・フラワーがあしらわれていた。シャンパン・ゴールドのアネモネとシルバー・グレイのデイジー。
 リボンに挟まれたカードには『パール・キャロル嬢へ』とあった。パールは女官仲間にもみくちゃにされてしまった。

「パール、誰からなの?」
「すごいわ。こんなに上質の絹をふんだんに使って……このリボンも絹よ?」
「開けて! 早く開けてみて!」

 パールはぽおっとして、しばらく言葉が出てこなかった。送り主はすぐわかった。シュアラから導入したカイコの飼育がうまくいって、イドラで絹織物の生産に力が入れられているとアルから聞いていたからだ。

「パール、開けてよ。プレゼントは何?」
「でも、もう姫さまのところに上がらなくっちゃ」
「ええ、そんな。今、急いで開けてみせて?」

 騒ぎの最中、メイド部屋にせきばらいが響いた。ぱんぱん、と手を叩き、女官長がよく通る声で言った。
「さあ。もう朝食の時間になってしまいますよ。王様もお后様もお目覚めです。早くお支度のお世話にうかがうのです。
朝食の間の用意を。名残のバラをお飾りして。リネンは温かいベージュにしましょう。配膳も始めてください。行動開始!」
 わあっと散っていくメイド達の中で、パールだけ残された。
「あなたは、エルザさまがお呼びですよ?」
「はい、すみません。すぐ参ります。あの、これを自室に置いて来てよろしいですか?」
「ちがうんです。そのプレゼントが姫さまのご用事です」
「え?」
「開ける瞬間に立ち会いたいから、姫さまの部屋で開けるように、ですって」
 女官長はためいきをついた。パールは笑ってしまった。ひとりでこっそり喜びをかみしめたい気もする。でもその喜びを誰かと分かち合いたい気持ちもある。そして誰かと分かり合うなら、エルザ姫以上に理想的な相手はいないのだ。


 エルザは頬を染めたまま、豪奢な包みを抱えて姫の寝室に向かった。姫は、もうすでに身支度も済ませて、髪もきれいに結いあげて待っていた。
「パール! 見せて! 素敵素敵。何て綺麗なの?」
 エルザはパールに抱きついて、興奮した調子で叫んだ。
「開けるのが惜しいようね」
 美しくドレープを寄せて箱を包んでいるシルク・サテンの布をなでながら、エルザは聞いた。
「カードには何て?」
 パールは、銀地に白で木立や雪を描いたカードを開いた。

”メリー・クリスマス。カルミノにクリスマスの習慣がないのは知っているけど、言わせてくれ。24日のパーティーの前に、2人で過ごしたいんだ。カルミノの小さな教会のコンサートに行かないか?
 よければ、このケープを着て来て欲しい。ルパの赤ん坊の最初の毛だけを紡いだ糸を、コケモモとブルーベリーで染めたものだ。箱を包んでいるシルクはストールになるし、金と銀の花はコサージュになるらしいです
(ケープは弟の恋人の自信作。ストールは僕の上司の娘さんの作品。花は器用な弟が作ってくれました)。
 もし行けるときは、かりこぼの泉にゆで卵を投げてください。かりこぼが伝言をつたえてくれます(できれば半熟卵にしてくれるとかりこぼが喜びます)。”
 封筒にチケットが2枚入っていた。

「素敵。何のコンサートなの?」
「パイプオルガンと少年合唱団の聖歌隊ですって。12日の夜です」
「うふふ。大丈夫。ちゃんとその日、お休みをあげるわ」
 エルザはロマンスの守護神といった微笑みを浮かべた。

 注意深く包みを開けると、中からワインレッドのケープが出て来た。軽くやわらかく、とろりとした手触りのしっとりした織物だった。まるで……愛しい気持ちをそのまま形にしたような。
「ケープにストール、コサージュとリボン。これでデートの日のファッションが完成するわけね。パール、あのあなたの新しいワイン・レッドのブーツとぴったり合うわよ。それにあの、パール・グレイのワンピース・ドレス! バッグは……」

 エルザのコーディネート講座は、女官長のノックで中断された。
「姫さま、朝食の準備ができました。もう王様もお后様もお茶を召し上がっています。卵料理の温かいうちにお召し上がりください」
「あら、大変! じゃあね、パール! 後で試着して、小物を決めましょうね!」
 一国の姫らしからぬ賑やかさでエルザが駆け去った後、パールはほうっとため息をついた。
「いったい誰のデートだかわかりませんね」
 女官長はくすくす笑った。侯爵夫人という高い身分ながら、気さくで温かい人柄の女性である。
「あの……いいのでしょうか。姫さまは昔から……まるで友人のように私にふるまってくださるけれど」
「いいのですよ。同じ年頃の女性と親しくつきあうのは、姫さまにとっても大切なこと。あなたの慎み深さや生まれついての上品な物腰に、学ばれることも多いでしょう。パール、もっと自分に自信を持ちなさい」
 女官長はやさしい手つきで、ケープやコサージュに触れた。
「素晴らしいわ。これほどの品質の毛織物は、お后さまでもなかなかお召しになる機会がないかも。おそらく子供の胸の部分の白い毛だけを紡いだものじゃないかしら。このケープだけで30頭分くらいですよ?」
「30頭……」
 そういえば、アルがルパの毛刈りを手伝ったって言っていた。それから、毎朝、仕事の前にカイコの餌替えも手伝っているって、それは楽しそうに話していたっけ。
「染めも織りも見事だこと。とてもお金では買えない価値がありますよ。パール、良い方に思われたわね」
「でも私……私にはそんな価値は……」
「謙虚さはあなたの美徳ですけれどね、パール、自分を卑下してはいけません。自分の価値を否定するってことは、あなたを認めて取り立ててくださる方の気持ちも否定するということになるのですよ?」
 女官長はやさしくパールの髪をすいた。
「私はあなたのご両親をよく知っています。身分は高くないけれど、高潔な思想を持った方々で支援する人も多かった。不幸な巡り合わせでこんなことになったけれど、あなたはご両親の自慢の娘です。胸を張って幸福になりなさい」
 パールの両目に涙があふれた。
「はい。はい……ありがとうございます」


 コンサートの日、アルはケープとおそろいのワイン・レッドのマフラーをして現れた。パールは女官たちに賑やかに見送られて、城を後にした。手にはワンピースとよく合うパール・グレイの柔らかな手袋。エルザ姫のちょっと早いクリスマス・プレゼントだった。カルミノにはクリスマスの習慣がないのだけど。
「ケープもストールもみんなよく似合ってますね。よかった」
 アルがちょっと照れ臭そうに笑った。
「こんなに素敵なクリスマス・プレゼントは初めてです。ありがとうございます」
「待ってね。まだ完成じゃないんだ。ちょっとじっとしてて」
 ポケットをごそごそしていたアルが、急に顔を近づけて来たので、パールは目を見開いて硬直してしまった。
「動かないで……うん。次は左」
 ひんやりした感触が耳たぶに触れる。
「できた。うん、やっぱり君の肌の色によく映える。それにケープのワイン・レッドとも意外と相性いいんだな」
「アル……? これ、何ですか?」
 パールが自分の耳にそっと触れてみる。
「君のキャベツの仲間です。今度はレタス……かな? 大分、研磨の腕が上がったんですよ?」
「……じゃあ、翡翠? またアルが磨いたんですか? 私、見たいわ」
「だめ。コンサートに遅れるよ。目で見る前に、石のエネルギーだけ感じていてください」
「そんな……ああ、でもやさしい手触りだわ」
 頬を染めたパールの顔を、アルはうれしそうにのぞき込んでいる。
「あの……アル、私、何もお返しできるものがないんです」
「君がそうして一緒にいてくれるだけで、十分だよ」
「だから、あの……こんなことが御礼になるかわからないけど……少しかがんでください」
「?」

 自分の顔と同じ高さに下りてきたアルの顔を、パールはしげしげと見つめた。自分の存在が、誰かの歓びになるなんて考えたこともなかった。両親を失ってから、弟と2人、いろんな人の御世話になりながら、迷惑にならないように、恩を返して自立できるように、そればかり考えていた。自分の価値なんて……信じたことなかった。まだ、どうしてこんなにもアルがやさしくしてくれるのかわからないけど、アルが思ってくれる自分を信じてみよう。

 アルの冷たい頬に、そっとくちびるを押し当てた。
「メリー・クリスマス、アル。あなたと会えて良かった」







PR
*COMMENT-コメント-
▽侯爵夫人…位高っ
クラリス嬢とか思って一人で噴き出していた私は阿呆ですか?(笑)
にやにや小説。
アル、昨夜の突っ込み(何もしてねぇ)にもめげず、ちゃんと翡翠磨いてきたのね。えらい。

ついでにエイロネイアに出張頼みます。
忙しいクリスマスだわ、アル。

ちなみに侯爵は爵位の中で2番目に高いです。(大公から数えると3番目だけど)
公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵の順。
▽やっとでほっぺチュウ
ハプスブルグだとか、ヴェルサイユだとかだと、王室の身の回りのことで采配を振るうのがけっこうえらい人だったりしたので、思い切って侯爵夫人。(要検討)

さて、アルはこの後、ほんもののチュウに持ち込めたんでしょうか? 
フレイヤが仕込まれるのはいつになるんだ?
(仕込むとか言うな)
パールは春祭りに来たりしないのかな?
▽きゅんきゅんv
素敵ですっvきゃーいいなあパールv
にやにやしながら見ましたよ☆パールル最高v
エルザ、良い味出てます。
侯爵夫人!いいとおもいますよっベルばらでそうでしたものねっ!
「ブ―リン家の姉妹」でもそうでした!

素敵なお話が読めて最高でしたっ
ありがとうございます^^v
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター