忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

『End symptom』  (香月)

シリウスの受難No.2。試験講義中に突発的に思いついたもの。
いろいろ会話にモラルがありません。下ネタ注意。
タイトルの『End symptom』はずばり末期症状。

=========================

 俺の感覚は本気で異常なんだと思う。けれどそれは俺のせいじゃない、と声を大にして言いたい。
「……」
 朝の微睡みから目が覚めると、きりりと冷えるはずのシュアラの朝の布団が何故か温い。脳が覚めてくると、目の前に長い睫と筋の通った鼻、少し薄い唇が見えて――悟る。で、思ったことは相変わらず美人だよなぁ、というやたら馴れきった反応。初めに言っておくが、俺は潔癖だ。自慢じゃないがたとえ酔った勢いでも女の子を部屋に連れ込んでどうこう、なんて甲斐性は持てない。言ってて悲しいが。
 けれどこの、目が覚めて隣に何故か女の子が寝ているという現象は――悲しくも約一名に置いては馴れきってしまっている。
 またか、という特大の溜め息を吐いて、とりあえず起き上がる。
「……アル、起きろほら」
「……んー」
「起きろ、っつの。ほら、寝惚けるな」
 ぷい。
 ……寝返り打ちやがった、この野郎。いや、女だけど。
 ああ、ったくラフなノースリーブで寝てるせいで白くて丸い肩は剥き出しだし、真っ白な胸元は丸見えだし、ってあれほど言ったのに下着つけてないじゃねぇか、この馬鹿! ったく、俺だって一応年頃の健全な男子だぞ、わかってんのか!? ……分かってんだろうなあ、畜生。
「アル、ほら起きろ……っ!?」
 めげずに肩を揺する(だってこのままだといろいろと危うい)。が、急にその手を逆に掴まれた。と、思ったら目の前に鮮やかな朱の瞳が薄く開かれていて、得意げに笑っている。満足そうにぺろり、と唇を舐められながら思ったのが、ああやっぱり綺麗な目だ、なんて。
 ……どうかしてる自覚はあるんだ。そういう自覚は。
「おはよ」
「……お早う」
「朝っぱらから前屈み?」
 誰のせいだよ殴るぞマジで!? 怒鳴りたい気持ちを押さえつけて、布団の脇に脱ぎ捨ててあった織物を投げつける。
「ったく、それでも着てろ! 風邪引くだろ、そして俺の精神衛生が非常に悪い!」
 ふぁーい、と間延びした返事であくび。落ちたノースリーブの紐がさらにずれる、っておいっ!
「だあああっ!」
 もう強制的に態度と比べて華奢な白い身体に織物を巻きつける。偉いぞ、俺の理性。
「何、肩で息してんの?」
「……うるさい黙れとりあえず大人しくしろ俺のために」
「別に今さらじゃないの」
 うりうりと頬を突付いてくる。……まあ、確かに童貞は騙らないさ。理不尽でも逃げる気なんてないさ。
「でも朝っぱらから、なんていうのは俺の矜持に関わるんだよ!」
「今時、騎士道精神なんて流行んないわよ」
「ほっとけ。で、今日はどうしたんだよ」
 問うと彼女はきょとん、と目を瞬かせる。普段、色香すら漂う美人なのに、こういう表情は何故かやたら幼くて、正直いきなり人間味が増したようで可愛い。
 ……末期症状だな、俺。
「かわいい弟に久々に会いに来たんだけど」
「だからって無断で部屋に忍び込んで、ついでに布団の中に潜り込む理由にはならんわ! 良識と常識とTPOを気にしろ! 仮にも嫁入り前の女子だろ、お前!」
「いやあ、でも私の最終目標って父さんの愛人だし」
「平然と問題発言を飛ばすな! 少しは一般脳を身につけろ!」
 別の意味で息切れしてきた。目の前の彼女は変わらずにけたけたと笑っている。ああ、まったく質が悪い。
「いいじゃないの。こっちの方が温いし」
「……お前の基準てものはどこにあるんだよ……」
 もう何か朝っぱらからいろいろ疲れた。ずきずきと痛み出した頭を抱えて蹲る。ぶつぶつと呟いていたら、急にすりーっと右腕に擦り寄る感触。猫か、お前は。
「ねーぇ、しーりうす♪ お従姉ちゃん、お腹すいた」
「……何がいいんだよ」
「おかゆがいいなー。葛でとろみつけた鰹だしのあんのヤツ」
 また面倒くさいものを。自分で作った方が明らかに上手いくせに。しかし、抗議は無駄と知っているし、布団の上という危険地帯から早く抜け出したいのも事実だった。
「用意しておくから湯殿でも行って来い。体冷えてるだろ」
「さーすが♪ お従姉ちゃん、いい弟を持って幸せ♪」
 後ろから抱きつくな、と言おうとした途端に頬に甘くて湿った感触が触れる。……ナチュラルすぎるんだよ、こいつは。
「……夜までいるから覚悟なさいね」
「――っ!」
 囁かれた自分の耳が、熱を持つがわかった。この馬鹿っ、と怒鳴るよりも先に彼女は鼻歌さえ歌いながら障子の向こうに消える。
「あの女[アマ]……っ!」
 いっつも人の予定も考えずに転がり込んで、勝手しやがって。大体……っ
「…………はあ」
 憤慨しそうになって、けれど出るのは溜め息で。勝手すぎるんだよ、と悪態を吐きながら、家にだってろくに帰らないのに、不定期ながら自分の下に来てくれるのを喜んでいる自分がいて。
 まったく、本当に嫌になる。
『時雨さんですか? すいません、今日、ちょっと休みます』
 なけなしの風符で回路を開けば、比較的やりやすい方のお方が出てくれた。いや、まあ、どうせ後になったら変わらないのだが。
『? いいけど、どこか身体の具合でも良くないの?』
 一瞬、仮病でも使おうか、という考えが脳裏を過ぎるが、後でばれたときの方が怖い。
『……ちょっと、嵐が来たもんで』
『は? 嵐? ちょ、シリウスく、』
 ぷっちりと切断。元々、能力の低い自分は、研ぎ澄ますことは難しくても切ることに関しては天才だった。ありがたくない。
 ――ああ、後で罰則決定だ、こりゃ。
 一瞬、全身を激痛が襲う錯覚。ああ、まったく馬鹿は俺の方だ。畜生。
「シーリウスっ、バスタオルなーいっ」
「阿呆か! ああもう、絶対に湯船から出るなよ!?」
 障子の向こう側から聞こえてきた声に、今一度頭を抱えた。自分の運命を呪いながら、立ち上がる。理不尽で、唐突で、読めなくて、無根拠で、傍若無人もいいところで。
 ああ、本当に自分は異常なんだと思う。それでも離れられない、なんて。

恋した時点で負けていた。ただそれだけの話。



==========================

 シリウスのイメージはずばり、ギャルゲーの主人公。なんか取り柄ないけどノリといい奴っぷりで女の子を落としていっちゃう天然ジゴロ。被害者Ex.ダイアナ。ちなみに基本能力は周りに比べて低いです。が、アルテミスに置いていかれたくないので、死ぬほど努力しています。
 「最終目標は父さんの愛人」発言はあーちゃ流の両親倦怠期防止法らしい。しかし、この子が言うとしゃれにならない響きがしてヤダ。ちなみに親父の反応は「10年経って(これ以上の)女になってから出直して来い」(片手で奥方抱きながら)。2/3くらいは冗談だと理解しているけど、あーちゃが言う度にシリウスは精神的浮気をされている気分になるらしい。断ち悪い親子。
 ちなみにあーちゃの中の優先順位は、とーしゃ、かーしゃ、ダイアナ、きりちゃとその他の間に越えられない壁があるらしい。がんばれ、シリウス。



PR
*COMMENT-コメント-
▽しりー…
がんばって、生きて。
そして、すてきな…すてきな(?)夜を…。あれ、涙出てくる。

なんとなく浮かんだので↓

時雨「………切れた」
九重「なに。シリー、無断欠勤? お給料下げよー♪」
時雨「無断じゃないでしょう。連絡来たんですから」
九重「♪~」
時雨「ってなんですかコレーーっ」
九重「いやっほぅいーーーちょっとこれ見て見てッ主導源は融貝に風ためた…」
時雨「ぎゃあああっあんためずらしく仕事してると思ったらこんなもの作ってたんですかっ!!!」
九重「いやーこの前カルミノでセグウエイ乗ってさ。こりゃ来たな、と」
時雨「あんたにはこの天を突く勢いの大量の書類が見えないのかーっ」

大学の教授がやたらセグウェイ乗れうるさいです。乗りたいぜ。セグウェイ。
▽バランス感覚がものを言う
もうあるしりーは一生、こんなテンションでいくんだろーなという気がします。

セグウェイはちゃりんこに乗れるか否かが物を言う。
▽恋は落ちた方の負けです
結局しゃーあせじゃん。しりー。長生きしなさそうだけど。くっくっく
▽案外
うちで一番幸せなかぽーってこの子たちかもしれない。長生きはしないだろうなー、くっくっく(笑)。
*COMMENT FORM-コメント投稿-
  • この記事へのコメント投稿フォームです。
Name:
Title:
Mail:
Url:
Color:
Decoration: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Message:
Pass: ※編集時に必要です。
Secret:  ※チェックすると管理者へのみの表示となります。 
*TRACKBACK-トラックバック-
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用くださいませ。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター