忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

月夜のピアノ・マン(その3)


 白い砂を竹箒で掃きながら、落ち葉って秋だけのものじゃないのだなあとしみじみ思った。そういえば、松とかスギは季節関係なくちょっとずつ新しい葉と交替するって習ったような。でも桜とかケヤキとかの葉っぱもけっこう落ちてるなあ。毎日掃いても毎日降って来る。
 私の3メートル先にニワトリの家族がいる。こんな白砂に餌なんかあるかな、と思うけど、何かほじくったり啄んだりしている。このニワトリ達は神社の番犬代わりらしい。気が向くと桜さんの野菜畑の周りに卵を産む時もあるが、だいたい回収されずに勝手にひよこになって、勝手に育って新たななわばりを作って、神社を囲む森全体に散らばっているそうだ。ひよこが全部育ったら大変じゃないかと思うけど、そこは弱肉強食で食べられたり食べたりしている、とのことだ。
 ニワトリは新参者の私を見張っているのか、それとも私をガードしてくれているのか、とにかくどの道から神社に帰って来てもどの群れかのニワトリが現れて、つかず離れずついて来る。


PR

月夜のピアノ・マン(その2)

降りしきる桜の下で、桜の着物を着た美しい女の人が倒れている。地面に広がった長い髪さえ綺麗だ。浜辺に打ち上がった人魚姫みたい。

 私は駆け寄ったものの、女の人の一歩手前で固まってしまった。この人は本物の人間だろうか。綺麗過ぎる。綺麗な鬼か幽霊じゃないだろうか。触って大丈夫なのかな。


月夜のピアノ・マン(その1)


 桜さんと初めて会った時のことは今でも鮮やかに覚えている。
 あの時、降りしきる桜の花びらの下で、私は天女を拾った。いや、拾われた。


カエルの姫君(その6)

僕の目の前にはそれこそズラリと不思議なものが並んでいた。
 和洋東西玉石混交。硯の横に真珠のタイピンが置いてあったりする。極彩色の大きな壺や、何が書いてあるのかわからない掛け軸。お城にありそうな立派な振り子時計や武者人形。
 値札が付いてないものがほとんどだけど、高いんだろうなとは想像できる。高価過ぎるものはまず買えないし、買ったとしても持ち歩くのが不安だ。大きかったり重かったりするのも不便だろうし、手頃な値段で手頃な大きさのものが有難い。



カエルの姫君(その5)


 僕の左肩に座っているガマくんは、普通のヒキガエルとちょっと違っていた。
 両目のまぶたの上が角のようにとがっている。普通、目の後ろから脇腹に黒い帯模様が走っていて、それが枝分かれして肩まで黒いベルトが走っている個体もある。でも胸側はほとんど白いのが普通だ。僕のガマくんは顔を囲むように目の後ろから肩、胸までぐるりとひと続きの帯がついていた。しかもモルフォ蝶のような鮮やかな金属光沢の青の帯なのだ。


カエルの姫君(その4)


 巫女姿の桐ちゃんは、春に池で初めて会った時のようにずっと大人の女の人に見えた。白い胴着に赤い袴。透けた薄い着物を重ねていて、天女みたいだ。まっすぐに延びた黒い髪を白い布で結んで背中に垂らしている。額にシャラシャラ音がする薄い金属の簪飾りをつけている。
 桐ちゃんと向かい合って踊る女の人も、桐ちゃんと同じ衣装で同じぐらいの長さの黒髪で、すごく良く似ていた。この人が桐ちゃんのお母さんだろうか。それにしてはすごく若い。桐ちゃんともうひとりの女の人は双子のようにそっくりで、鏡で合わせたようにぴったりと揃って踊っていた。


カエルの姫君(その3)


 街を見下ろす石段の天辺まで上がったらすぐ境内が広がって社殿が見えるのかと思ったら、そこは照葉樹に囲まれた前庭だった。石段から続く大きな四角い石の並んだデコボコの石畳の道。その両側に掃き清められた白砂。右手にこじんまりした家が一軒、大きなこんもり茂ったエノキの木の影に建っていた。
「あそこが銀ちゃんのうちですか?」
「いや、あっこは……」
 僕の質問に石元さんが説明しようとしたところで、照葉樹林から鶏が三羽出て来て僕らを取り囲んだ。


目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター