忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

東の魔女見習い(その5)


 アラカシとヤマモモの木立に囲まれた池は去年見た時より一段と薄暗く見えた。生臭い匂いが凝っているし、水が淀んで幼体のホタルたちが苦しそうにキューキュー鳴いている。

「これも南紀の揺れのせい?」
「多分な」

 鏡ちゃんがポリタンで汲んで来たお社の桂清水を手水鉢に注ぎいれると、十数匹のホタルがぴちぴちと水を浴び始めた。
「よーしよし。元気になって働いてくれよ。今からお前らのうち、掃除するからな」


PR

東の魔女見習い(宣伝)

このシリーズは、別のブログで描いている『星の杜観察日記』という漫画の小説版です。
少し時系列と設定がズレている部分がありますが、だいたいひとつづきです。

漫画の方には、まだ都ちゃんが出ていません。
タカちゃんもほとんど出てきません。

それでも良ければ、ぜひ漫画も見てみてくださいませ。
家系図があるので、ごちゃごちゃ出てくる人物相関がわかりやすいかもしれません。

東の魔女見習い(その4)

 第六感というものは、強弱の差はあれ人間誰もが持っているものなのだなあ、とドンちゃんと人混みを歩いているといつも感心する。おそらく半数以上の人間にはドンちゃんは見えていないと思うのだが、みなちゃんと避けて行くのだ。見えずにぶつかった人は、「あっ、ごめんなさいっ」と思わず謝って、その後首をかしげていたりする。
 新幹線から在来線乗り換えに続くコンコースは、夕方というにはまだ早い時間だというのにけっこう混んでいた。さっき車内でミネラルウォーター4リットル一気飲みしたおかげで、普段よりドンちゃんははっきり見えている。それでも人の流れに混乱を生じさせていた。それに、ぶつかられるとドンちゃんにも少々ダメージがあるようなのだ。

東の魔女見習い(その3)


 ドンちゃんのことを話そう。

 ドンちゃんは個体名、種名はホタルという。両生類だ。
 両生類というのは陸と水の間に棲むという意味だけど、ホタルの場合はあっちとこっちの間を行き来している。あっちというのは彼岸、あるいは別の位相、天と地、とにかくここでないどこか、なのだ。

東の魔女見習い(その2)

「都って悩み無さそうでいいね」
 いろんな人によく言われるのだが、実際のところ悩みが無いわけではないので羨まれても困る。悩みが無さそうに見える要因の8割は私の外見だ。油断するとすぐ二重あごになりそうな丸顔丸ポチャ。明るい色の髪にそばかす。そしていつもヘラヘラ笑っている。自慢では無いが物心ついてから私は泣いたことも怒ったこともない。

 なぜなら私が泣くと雨が降るし、怒ると地震が起こるからだ。


東の魔女見習い(その1)


 西の魔女から知らせが届く。

 明後日入稿の記事デザインをあちこちいじって目がシパシパし出した頃、PCのメッセージポップが立ち上がった。

 ”南紀。3箇所補修。1週間ぐらい”

 南紀か。去年の秋にも手入れしたばかりだけど、先月の大雨で緩んだらしい。学生の頃なら講義ほっぽって駆けつけたところだが、今は一応社会人だ。同人誌に毛が生えたような小さな雑誌とはいえ、お給料をもらっている以上それなりに責任がある。魔女業は本業ではない。ライターとの兼業なのだ。
 思案していると、これまた思案顔のドンちゃんがふわりと現れる。いつもは少し紫がかった深い青に輝いている長い髪が、今日は少し色あせて緑がかっている。これはこれでオオミズアオのようで綺麗なのだが本人はしんどそうだ。この子は西の水源から連れて来たから、南紀の揺らぎの影響をかぶっているのだろう。
 屈むと膝まで届く長い髪にほっそりした白い顔。一応現代風俗に合わせたつもりか細身のスーツを着ているが、長髪と馴染まないことこの上ない。こんな妙な風体の青年が白昼のオフィスに出現したというのに、それに気づいて顔を上げたのは編集長の大江ひとりだった。

重なる月に寄せて(その2)

何と2年ぶりぐらいの小説更新です。
ラーシャさんとジーラッハ。

今回、ジーちゃんの本領発揮。というより本性むき出し?

こいつ、こんなヤツだっけ?


--- ○ --- ○ --- ○ --- ○ --- ○ --- ○ --- ○ --- ○ --- ○ ---


 ラーシャとリーシャは矢継ぎ早にお互いのことを聞きだしては、自分のことを報告していた。クロキアの言葉なので、リィンとアヤメには細かい内容はわからなかったけれど、双子の少女が何を話しているかはわかった。
 どんな経緯でこの国に来たのか。今までどうしていたのか。そしてどんなにお互いに会いたかったか。
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター