忍者ブログ

《賢者の石対策本部:みんなで幸せになろうよ》

谷地田ヴァルゥと、梧香月さん、日和小春さんの合作世界です。 原作で不遇なヤツ、不憫なヤツ、”双子の月が廻る世界”でみんな幸せになろう。

2017.06│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

南のほの暗い森で(その1)


 お社の朝は早い。
 午前4時に起き出して境内の掃除。神饌と祝詞を奉って、その朝のコンディションによって必要なチューニングをする。コンディションというのはつまり、水脈の濁りとか地脈のねじれとか、鏡ちゃんによると重力分布の歪みとか、そういう結界に緩みを生じる不具合の補修だ。

 今朝は南紀の崩れの影響であちこちズレが出ているので、それぞれの得意分野でいろいろやってみた。私と咲(えみ)さんは弓。トンちゃんは笛。きーちゃんは土俵でドスンドスンと四股を踏んでいた。きーちゃんは弓道師範の満先生の息子なのに、どうしても弓が苦手で9歳ぐらいで相撲に転向した。タカちゃんも中学生ぐらいから日本中飛んでチューニングに忙しかったので、弓道はやるものの試合で成績を残したりしていない。そんなわけで長男の仁史さんが二代目として一身に道場を背負っている。
 満叔父さんと仁史さんと、仁史さんとこの長男の星一くんは、年に一回、弓の神技のためにこのお社にやってくる。一般公開で蟇目の儀や流鏑馬を披露する。それ以外は、東の端の結界を守る拠点として、日々関東平野のはずれで弓を引いている。
PR

東の魔女見習い(その7)


 お社の裏手から母屋の横にミニバンをつけて、きーちゃんが私の荷物を下し始めるとすぐ咲さんが出て来た。
「都ちゃん。はるばるありがとなあ。早速寄り道して、疲れたやろ?」
 多分まだ金色になってる私の髪をなでる。咲さんは私の母の2歳上の姉にあたる。ふっくらした包容力のある西の魔女。こうしていると普通のお母さんというかオバサンで、全国に轟くスゴい巫女という感じがしない。神社の横手で和裁とお花とお茶の先生をしている。”仕事でさんざん着るから”と普段は着物を着たがらない。今日は草木染めの薄手のカーディガンだ。

東の魔女見習い(その6)


 金の瞳の姫には3人の妹姫がいた。
 姉姫が奈落に身を投じて一生懸命なだめているにも関わらず、竜宮さまは姫を悲しませた人の世なんか壊して緑豊かな森と野に還そうと考えていた。どうやら妹姫たちのことは姉姫ほど可哀想と思ってくれなかったようだ。そもそも、都だの寺だの醜悪なできものを作るために竜宮さまの物である地底の宝を掘り返して、静かに眠らせておくべき毒を撒き散らし、竜宮さまの眷属が住まう森をはげ山にした人間に対して、竜宮さまはずっと怒っていた。海の底でうとうと眠っていた竜宮さまを起こしたのは、そもそも人間の営みなのである。
 寝ぼけて不機嫌な竜宮さまは寝返りのついでに都をつぶすつもりだった。

東の魔女見習い(その5)


 アラカシとヤマモモの木立に囲まれた池は去年見た時より一段と薄暗く見えた。生臭い匂いが凝っているし、水が淀んで幼体のホタルたちが苦しそうにキューキュー鳴いている。

「これも南紀の揺れのせい?」
「多分な」

 鏡ちゃんがポリタンで汲んで来たお社の桂清水を手水鉢に注ぎいれると、十数匹のホタルがぴちぴちと水を浴び始めた。
「よーしよし。元気になって働いてくれよ。今からお前らのうち、掃除するからな」


東の魔女見習い(宣伝)

このシリーズは、別のブログで描いている『星の杜観察日記』という漫画の小説版です。
少し時系列と設定がズレている部分がありますが、だいたいひとつづきです。

漫画の方には、まだ都ちゃんが出ていません。
タカちゃんもほとんど出てきません。

それでも良ければ、ぜひ漫画も見てみてくださいませ。
家系図があるので、ごちゃごちゃ出てくる人物相関がわかりやすいかもしれません。

東の魔女見習い(その4)

 第六感というものは、強弱の差はあれ人間誰もが持っているものなのだなあ、とドンちゃんと人混みを歩いているといつも感心する。おそらく半数以上の人間にはドンちゃんは見えていないと思うのだが、みなちゃんと避けて行くのだ。見えずにぶつかった人は、「あっ、ごめんなさいっ」と思わず謝って、その後首をかしげていたりする。
 新幹線から在来線乗り換えに続くコンコースは、夕方というにはまだ早い時間だというのにけっこう混んでいた。さっき車内でミネラルウォーター4リットル一気飲みしたおかげで、普段よりドンちゃんははっきり見えている。それでも人の流れに混乱を生じさせていた。それに、ぶつかられるとドンちゃんにも少々ダメージがあるようなのだ。

東の魔女見習い(その3)


 ドンちゃんのことを話そう。

 ドンちゃんは個体名、種名はホタルという。両生類だ。
 両生類というのは陸と水の間に棲むという意味だけど、ホタルの場合はあっちとこっちの間を行き来している。あっちというのは彼岸、あるいは別の位相、天と地、とにかくここでないどこか、なのだ。
目次(ヴァル)
「姫おり」過去編
織姫のお仕事
     4.0
   4.1 4.2

カルミノ編 1日目 『桜降る夜の森に』 2日目  『雷鳴の封印』  『拾い子』  『森の中の星空』 3日目  『再生の呪文』  『春日なる』 4日目 祝宴 お茶会  『おすそわけ』  
イドラ編 あかねるーver.  『茜さす』  『玉章の』  『ぬばたまの』  『真菰刈る』  『吾ぎ妹子の』  『シュアラの休日』  『天雲の』
いずみるーver. 『夢一夜』   『はじめの一歩』 外々? 『グレイの冬空』 『リィンの探検記』 『舞初め』 『忍ぶれど』 『色出でにけり』 『未遂』 『Fly me to the twine moon(その1)』 『ラプソディー(その1)』
すおみろい  『Baby Morning, Baby Night』  『Be Ambitious, Boys!』  『標野行き』 『Calling』   (上) (下) (おまけ) 『玉響詞(タマユラノウタ)』   『Honey suger hummingbird』 『すみれ色の指輪』 ぱーるる 『しろたえの』 『Agnus Dei』 『Sanctus』 『Kyrie eleison』 『夜の瞳』 『狼の宅急便』
3つ子&小町ズ&あるびー 『山笑う』 『魂100まで』  『明日に架ける橋』 『疳の虫 虫の知らせ』 『鈴猫』 『鬼灯(カガチ)』
あかねれー 『リカバリー70%』 ありしん
シュアラ編
エイロネイア編 らーじー 『風を悼み』 『禊の苑で』 『重なる月に寄せて(その1)』
目次(香月)
「姫おり」過去編
嘆キノ森シリーズ
『嘆キノ森』
 正面左右背後
 出口1
『嘆キノ森-PSI-missing-』
     

カルミノ編 前夜祭 『Happily Ever After』01 1日目 『Happily Ever After』02 『Happily Ever After』03 『Happily Ever After』04 『Happily Ever After』05 2日目 『Happily Ever After』06 『Happily Ever After』07 3日目 4日目 祝宴 お茶会  『romanesque』
イドラ編 あかねるーver.  『flying』  『アイルキスユー』  『輪舞-revolution-』

かしるな 『奈落の花』  EPISODE1  EPISODE2  EPISODE3  EPISODE FIN 『Trikstar』 『モノクロのキス』 Side:L 『GLORIA』    EPISODE Final 『TRANSMIGRATION』
あかねれー 『Never more』  Ⅰ.undelete 『I'll be there』   final 『FRIENDS』     『mezzo forte』     『赤い涙』     『too late? …』  Side:R   Side:A  Final!
ありしん 『瑠璃の鳥』    
シュアラ編 『Front breaking』 『Dell'oscurità per brillare』 『End symptom』 【露癒の祀】 拾壱>拾弐
エイロネイア編  『daily workⅠ』 『覚醒ヒロイズム』 EPISODE1 EPISODE2
最新コメント
[09/12 梧香月]
[05/16 Backlinks]
[12/16 ヴァル]
[12/15 梧香月]
[11/25 ヴァル]
[11/21 小春]
[09/28 ヴァル]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ギャラリー



漫画



季節のアルバム




漫画
カウンター